« クルシアナが来た! | トップページ | 池の初秋2011 »

帰化植物続々・・・

Nagaekomikansou

子どもの頃読んだ本や雑誌には、
ちょっとSFめいた内容で興味をそそる記事がいろいろと書いてありました。
雪男イエティや湖の巨大生物、地底人にバミューダトライアングル・・・
UFOとか宇宙人に関するものも少なくありませんでしたね。
その中でも私がゾクッとしたのは、宇宙人はもう既に地球上に侵入していて
じつは私たちの身近にも潜んでいるというもの。
気付いていないけど本当はそうなんだって言われると、
子供心にはやっぱりコワかったもんです(笑)

まあ宇宙人とはだいぶ次元が違いますけど
気付かぬうちにひっそりと侵入し、
いつの間にか当たり前の様に溶け込んでるヤツらっていますよね。
そうそう・・・外来種です。
動き回る連中は割合気付きますが、
植物に関しては本当にいつの間にか染み込むみたいに入り込んでいて
気が付くとあっちにもこっちにもなんて、よくある話です。

今、仕事で埼玉県の都市河川の植物相を調べているんですが、
こういう仕事をやるとだいたい何種類かの新しい帰化植物に出会います。
帰化植物って、定着した場所から徐々に広がるケースが多いので、
調査や観察をする場所が変わると地元ではまだ見られない種類に
先行して出会える事があるんです。
で、今回もやっぱり出て来ました。

上の写真はブラジルコミカンソウ。
在来のコミカンソウやヒメミカンソウの近縁種ですが、
草姿や果実の付き方が異なるので、在来の2種を知っている人であれば
一目見ただけで違和感を感じて「何か違う!」と気付くと思います。
写真の株は他の植物との競合が激しい場所でやや軟弱な姿ですが、
条件が良い場所だとまるでマメ科のように堂々とした姿になります。

下の写真は一見コニシキソウに見えるのですが、
葉の丸っこさや白い毛がスゴく密な感じ、
そして果実の付き方が違うのでやっぱり違和感・・・
調べたら、アレチニシキソウでした。

どちらもまだ私の地元、茨城県南部ではお目にかかっていません。
でも、いづれやってくるのだろうとおもいます。
帰化植物の図鑑も良いものが出ていますが、
実際のところ次々に登場してくるので、
いくら増補しても間に合わない現状です。
帰化植物自体は太古から知られているし、
開国以降・・・特に国際貿易が一般化した明治以降に
相当な種類が入って来ていますが、
ここへ来てまた今までとは比べ物にならない位の勢いで増加しています。
ひょっとしたら、温暖化や在来生態系の衰退が
侵入後の後押しをしているのかも知れませんね。

Arechinishikisou

|

« クルシアナが来た! | トップページ | 池の初秋2011 »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

どもでーす。
なんか最後の画像の植物に似てるのが
うちの職場の横に生えてたような・・・・・・。
グランドカバーになるかなぁって軽く思ってたんですが、
帰化植物なんですね~。
帰化植物・・・・
なんとかならないのかなぁ。

投稿: こー | 2011年9月29日 (木) 23時01分

こーさんどもです!
似た様なヤツが・・・そうですか。
でもコイツらトウダイグサ科はどちらかというと
南方系の外来種だから、そちらで見たとなると多分
在来のコニシキソウではないかと思います。
でも、きっと少ないながらもそちらにあって
こっちでは見られない外来種もあるんでしょうね〜。
船便で入ってくるヤツが多いのかなあ。

そっち、寒気の襲来でかなり強く冷え込むみたいですね。
外の植物もこーさんも、風邪引かないようにね!

投稿: ぐりお | 2011年10月 1日 (土) 00時31分

帰化植物、確かにあちこちに侵食してますよね。(~_~;)
セイタカアワダチソウは すでに一般化してるし・・・。

コニシキソウは 家にも良く生えていますが
それとはまたちょっと違うのですね。

帰化植物では無いですが、「オオキンケイソウ」も
昨今 増えすぎて問題になっているとか??

キレイな花なんですけどね~。

投稿: シム☆彡 | 2011年10月13日 (木) 23時11分

シム☆彡さん、こんばんわです!
そうなんです。コニシキソウに似てるでしょう、一見・・・
この似てるところがまた厄介で、
いつのまにか「フリをして」紛れ込んでるんですよー。

オオキンケイソウって、オオキンケイギクの別名ですよね。
ありゃあ北アメリカ原産の立派な帰化植物ですぜ。
しかも、帰化植物の中でも特に要注意とされる
「特定外来生物」にリストアップされているやばい種類です。
つまり、法律で栽培も販売も譲渡も移動ですら禁じられています。
まあ・・・実際にはそこら中にありますが(笑)確かにきれいだし(追笑)

だいたいあれを日本中にバラまいたのは某公団ですから・・・
造成地や高速道路ののり面の景観植物として積極的に導入した経緯があります。
だから関越道ののり面には早くからうつくし〜い群生が見られました(笑)
紛れ込んだ帰化植物も多いですけど、
人間の浅はかな行為ではびこった帰化植物も実際は少なくありません。

うちの庭にも頼みもしないのに生えて来ます。
でも、べつに栽培はしてないも〜ん(笑)
除草しきれないだけだも〜ん(爆)

投稿: ぐりお | 2011年10月14日 (金) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/42120420

この記事へのトラックバック一覧です: 帰化植物続々・・・:

« クルシアナが来た! | トップページ | 池の初秋2011 »