« ずっと曇りがち | トップページ | 手賀沼に光明 »

基本は二年草 -ヤクシソウ-


Yakushisou1110

毎度お馴染みの秋の黄花、ヤクシソウです。
今年は庭での開花株数が多く、あちこちを輝く黄色で彩っています。
この植物は道を作ったり造成を行ったりするとよく生えて来る
パイオニア植物の一種ですが、別に去年から今年にかけ
庭を大きくいじったりはしていないので、
なんで増えたのかわかりません。が、とりあえず賑やかで結構(笑)

遠目で見ると70〜80センチの背丈に黄色い小花を鈴生りに咲かせ、
まるでノギクの仲間に見えます。
実際は、キク科ではあるけれどオニタビラコ属です。
確かに花の一輪に注目すると、そう見えますよね。

ヤクシソウはかつて「多年草」と書いてある図鑑が少なくなかったのですが、
最近は「二年草」でほぼ統一されているようです。
私自身が観察したところでも、基本的には二年草のスタイルに見えます。
でも、開花期の直前に草刈りされたりすると
しっかりとした越冬する脇芽を用意し、翌年また立派な姿に育つし、
春に発芽した株が未熟なサイズで秋に開花することも珍しくありません。
かなり融通の利くライフスタイルみたいですよ。
初夏のブタナよりも少し明るい黄色は、秋の野道を楽しくしてくれますね。

|

« ずっと曇りがち | トップページ | 手賀沼に光明 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/42648984

この記事へのトラックバック一覧です: 基本は二年草 -ヤクシソウ-:

« ずっと曇りがち | トップページ | 手賀沼に光明 »