« 研修の一日 | トップページ | 思い出アカネ »

あなたのiは永遠ですか

Dearsj

アップルの元CEO、スティーブ・ジョブズ氏の訃報が伝えられました。
私は本日、早朝出発の調査業務だったので、
帰宅後にこのニュースを知りました。
私のマックはインターネットのブラウザを立ち上げると
デフォルトでアップル社のトップページが開くのですが、今日の帰宅後
ネットを開けるといきなり出て来たのが上の画像でした。

本来なら昨日発表された新型iPhoneがトップに登場するはずだったので、
「なんだこりゃ!?」と思ったのですが、名前の下の数字を見て
次の瞬間にはビジュアルの意図が判明しました。
これまた何ともアップルらしいアプローチですが、
とりあえず一通りの情報が欲しくてすぐにヤフーのトップに飛びました。
ヘッドラインにそのニュースはありましたが、特にトップという事でもなく
ちょっと意外な程こじんまりと載っていました。

スティーブ・ジョブズ氏は単にアップルの創立者というだけでなく、
一度退いた後、やや迷走しつつあったアップルを
再び強いアイデンティティを持ったメーカーへと復活させた人物です。
ソフト・ハードを問わずアップルの製品で「i」で始まるラインナップが
全て彼の手によるものです。
iPhone、iPod、iPad、iMac、iTunes、iLife・・・
みなさんもいくつかはご存知だったり
あるいはお持ちだったりするかもしれませんね。

私は自分が特にマック信者という意識ではなかったのですが、
私が企画・編集デザインの現場で使えるパソコンは
かつてはマックしかあり得ませんでしたから
さほど積極的に選択した訳でもなく、身近なパソコンはずっとマックでした。
でも、実際のところ自分で意識していたよりも、
ずっとずっとマック信者だったようです。

彼の訃報は意外な程ショックでしたし、
アップル製品の今後も本気で心配になってしまいました。
だって、アップル製品の魅力って、技術以前にアイデンティティですし、
それはまさに彼の情熱や人間性の賜物だったはずですから・・・

アップルの製品には独自技術が無く、
いいとこ取りの組み合わせだという批判がしばしば聞かれます。
しかし、それは一見ハードウェアを売っているように見えて
じつはユーザーの・・・ちょっと大げさに言うと人生を豊かなものにする
アイデアを売っていたからだと思えてなりません。

不思議な事ですが、昨日久し振りに会った友人のmushizuki氏と
スティーブ・ジョブズ氏を失ったアップルが
その後どうなるのだろうという話をしたばかりです。
HONDAもパナソニックも、カリスマを失ってからは「イズム」が
消失したという感は否めませんし、SONYも色褪せて来た帰来を感じます。
これらの企業を単純に引き合いに出す程それぞれの背景は同じではないし
ましてやアップルはまた大きく体質が異なる企業ですから
一緒くたにはできませんが、「i」の理念が
しっかりと受け継がれている事を願わずにはいられません。

振り返ってみればスティーブ・ジョブズ氏は自らの体調をよく理解し、
相応の段取りを踏んで社内の人材育成を行って来た気配が伺えます。
今回の新型iPhoneのプロモーションを見ると、その辺の安心感を
アップルなりに伝えようとしているようにも見えます。
スティーブ・ジョブズ氏の情熱から生まれた製品の数々には
随分とお世話になりました。やはりただの道具ではないので
つい愛してしまうのだと思います。
彼の「i」が永遠に生き続ける事を願うとともに、
ユーザーの一人として心から感謝し、冥福を祈りたいと思います。

|

« 研修の一日 | トップページ | 思い出アカネ »

MY FAVORITE」カテゴリの記事

コメント

おばんです。

ホント、ビックリしましたね。

前日に彼の話をしたばっかりなので、偶然では片付けられないようなものを感じました。

私は通勤途中、ラジオのニュースで知りました。

言葉が出ないといったら大袈裟ですが、「いつかは…」と思っていた瞬間が訪れたと悟りました。

これからアップルはどうなるのでしょう?

アップルユーザーとしてはかなり気に掛かるところです。

投稿: mushizuki | 2011年10月 9日 (日) 22時17分

こんばんはmushizukiさん。
まったくあの話をした翌日のニュースですから、驚きました!
自分でも驚く程ショックを受けてしまいました。私、リンゴ党だったみたいです(笑)
しかしこんなに早く現実のことになってしまうとは・・・
復帰後の映像に見る彼のあの痩せ方はただ事ではないと思っていましたが、
それにしても早かったなという印象です。
でも、彼はアップルの独自性や社会性にもきちんとした意味付けをした上で
この数年で相応の仕込みというか、人材育成をしていた筈・・・と思いたいですね。

それはさておき、とりあえずMacBook Airが欲しいと思っているんですよ。
私も主たる仕事の性質が変化し、
最近はパワーマシンより携帯性やモバイリングの必要性の方が高くなって来ました。
・・・って、まあ問題は予算ですが・・・(笑;)

投稿: ぐりお | 2011年10月 9日 (日) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/42334107

この記事へのトラックバック一覧です: あなたのiは永遠ですか:

« 研修の一日 | トップページ | 思い出アカネ »