« 基本は二年草 -ヤクシソウ- | トップページ | 母さんが徹夜をして »

手賀沼に光明

先日、当地からほど近い千葉県の我孫子市に出掛けました。
我孫子市と言えば、手賀沼。利根川から派生したこの沼は
生活排水の流入により、かつて全国でも最悪レベルの水質と言われました。
今では流域市町村の下水道の整備が進んだ事もあり、
かつてのどうしようもない汚れ方からくらべれば、だいぶ良くなりました。
とはいえ、沈水植物のガシャモクが繁茂していた頃から見たら
まだまだ汚れています。

写真は手賀沼の北岸にある手賀沼公園の水辺風景です。
私自身は4年振りぐらいで訪れたのですが、
「前回来たときより水辺に活気があるなあ」と感じました。
ここでいう活気とは人間の活気ではなく、なんて言うか・・・
水辺が活きているとでもいうのか・・・目に見えて動植物の数が多いとか
そういうのとも違うんですけどね。まあ、いい感じでした(笑)
でも、水辺には人の賑わいも見られましたよ。

畔の手賀沼公園には直近の手賀沼の水質についての情報表示があって、
9月のCODの値は6mg/lとなっていました。
これは(この時期の手賀沼としては)なかなかいい数字です。
ちなみにCOD(=化学的酸素要求量)とはすごーく簡単に言うと
水に含まれる汚れをちゃらにするのに必要な酸素の量・・・要するに
「水の中の汚れの量」を一定の基準で数値化したものです。
ちなみに、コイやフナが「ああ、快適っす〜」って言いながら泳ぐ水では
CODの値は概ね4〜5mg/l、これがヤマメやイワナだと1〜2mg/l程度。
つまり、数値が少ない程相対的に水質は良い、という事になります。
飲料水の取水用源水(浄化前)の環境基準となるCODの値は3mg/lです。

じつはこの前日、仕事で霞ケ浦にも出掛けました。
こちらは相変わらず・・・
人も自然も寄り付けない巨大な水たまりでした。
みんなで水質を測る湖上セミナーだったのですが、パックテストの結果、
CODの値は8mg/l以上でした。「以上」というのは、
このとき使用したCODのテストパックは低濃度用なので、
8mg/lまでしか測れない・・・という事です。
霞ケ浦も昭和60年前後の最悪期からくらべれば少し良くなっているのですが
どうもこのところまた水質が怪しくなってきています。

しかしながら手賀沼と霞ケ浦の一番の違いは、
人と湖沼の距離感かな、なんて気もします。
水際まで自然に誘導される公園がある手賀沼に対して、
霞ケ浦にはそういう場所が少な過ぎます。
湖畔に公園があっても、堤防で湖と分断されているところが多いのです。
無機質で無愛想な湖岸が延々と続いている感じ・・・
日本第二の規模を誇る湖がこんなんでいいのかなあ〜と思ってしまいます。
手賀沼には、水質にも人の愛着にも、ちょっぴとした光明を感じました。

Teganuma1110


|

« 基本は二年草 -ヤクシソウ- | トップページ | 母さんが徹夜をして »

雑記帳」カテゴリの記事

コメント

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。
約2ヵ月ぶりです。
手賀沼は小4~6年生までK先生の関係で水辺探検隊と言う勉強会に参加してました(年に10回ほど)。遊覧船を借り切って水質調査もしました。ちょっとキレイになった手賀沼で取れたエビや小魚も食べました(ワースト2位から当時6位へ)。
その他にも、昆虫観察会、バードウォッチング、水に入って水の生き物観察会、治水湧水、プラネタリウムや工作などもやりました。我孫子野鳥の会の広報のM先生と知り合ったのも手賀沼でした。
色々思い出があります。
うちから20キロ強で、博物館より近いのだそうです。

先生、全く記事の内容と違うのですが、僕もカタツムリを飼ってます。博物館のI先生の指示で、採集するようになったのがきっかけです。I先生にはもう100匹くらい送ってます。明日も79匹送る予定です。それで飼ってみたくなって、机の上で19匹飼ってます。おそらくオナジマイマイだと思いますが、2センチくらいのかわいいサイズです。先生の記事を読んで、カボチャをエサにしてみたのですが、うちのは全く食べませんでした。寄りつきもしませんでした。今はサツマイモをやってますが、喰いのいいのはニンジンとキャベツです。種類によって違うものなんですね。
先生が飼ってらっしゃるデムは珍しいですね。とても可愛かったです(笑)。

それから、8月に採集したノコギリクワガタ♂がまだ元気に生きてくれています。うちでは最長記録です(以前♀が11月半ばまで生きたことがあります)。もっと頑張って長生きして欲しいです。
記事の内容と違ってごめんなさい。またたまに来ます。

投稿: かぶと小僧 | 2011年10月25日 (火) 20時43分

かぶと小僧さんこんばんは!
この間はお手紙有り難うございました。
現在お返事に同封するものを息子が制作中・・・いや、制作練習中でした(笑)
今しばらくお待ち下さい。

手賀沼は浄化に向けて動いている市民団体が元気ですね。
市民の憩いの場にもなっていて、茨城県民からみると羨ましいです。
ただ、トライアスロンの関係で湖畔コースが整備されたためかスポーツ系の自転車が増え、
歩行者とのトラブルが起こったり、野鳥(カモ類)への影響が心配されているようですね。
何にせよ、実際の水質以上に生き生きしていると感じました。
M先生はオウムなどの鳥の飼育繁殖もすごいらしいですね。

オナジマイマイを飼育されているのですか。
小型種ではありますが、19匹もいるのでは世話が大変ではないですか?
おっしゃるように、ニンジン・キャベツ・レタス・キュウリなどは
だいたいのデムがよく食べますが、それ以外は種類によって好みが違いますね。
あと、デムがよく食べる野菜は確かにおいしいです。逆にあまり食べないようだと
レタスでもキュウリにしても私たちが食べても今ひとつ・・・
彼等は確かな味覚の持ち主みたいですよ。
もう入れているかもしれませんが、飼育ケースにはぜひカトルボーンを
入れてやって下さいね。

うちではだいぶ前ですが、ノコギリクワガタが師走まで生き延びた事がありますよ。
是非、記録更新頑張って下さい!

投稿: ぐりお | 2011年10月25日 (火) 21時44分

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。
M先生の家の鳥、本当に素晴らしいです。先生が繁殖したと聞いて驚きました。それと去年はフクロウの赤ちゃんを拾って、一度は木に戻したそうですが、心配で心配で眠れなくて、夜中に確認に行ったそうです。結局鳥博物館に相談して専門家に送ったそうです。写真見せてもらいましたが、とても可愛くて飼いたくなりました。うちは苦手な人がいるので無理ですが…。
今朝起きてデムの飼育ケースを見てみたら、いたるところに産卵が確認できました。飼育を始めてからそんなに時間は経ってないのに、産卵までしてくれると面白いです。うちは貝殻とロウセキのようなものを入れてますが、駄目ですかね?
ノコギリクワガタ♂は目標越冬ですね。先生の記録を塗り替えます!(笑)
どんぐり君は何を作ってくれるのか?楽しみです。冬休みにまた会えると嬉しいです。

投稿: かぶと小僧 | 2011年10月26日 (水) 17時50分

かぶと小僧さんこんばんは!
私が子どもの頃、世の中では「鳥を飼う」という事が今よりもずっと盛んでした。
屋根の上にハト小屋がある家もそう珍しくなかったし、友達も多くが
チャボだったりジュウシマツや文鳥だったり、私もセキセイインコを
飼っていました。たいてい近所に一人ぐらいM先生のような飼育上手な方がいて、
いろいろ世話の仕方を教わったり、ヒナを分けてもらったりしたものです。
だいたいどこの町にも1〜2軒は小鳥屋さんがありましたし・・・
いつの間に鳥飼育の文化が低調になったのでしょうね。ちょっと残念。

産卵しちゃいましたか〜オナジマイマイ君(笑)
カタツムリの赤ちゃんってかわいいですよー。
でも、いっぱい孵化しそうで大変ですね(追笑)
カルシウムはやはりカトルボーンが一番だと思いますよ。
カタツムリが齧れるやわらかさですから。
入れたらみんな喜んでとっついて来ると思います。

わがやのどんぐり小僧はかぶと小僧さんにいただいた財布がお気に入りで
どこへ出掛けるにも、お金をつかわない時でも持って行きます。
有り難うございました。

投稿: ぐりお | 2011年10月27日 (木) 00時43分

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。
うちの亡くなったおじいちゃんは鳩やチャボを飼っていたそうです。それからちょっと信じられないのですが、父もインコとブンチョウを飼っていたと言ってます。インコはしゃべったそうです。触れないはずなんですが…。それから鳥屋さんも近くにあったそうです。地方橋(ちがたばし)のたもとだそうです。先生わかりますか?
あの財布は僕も気に入って使ってます。その浅草の店には他にも面白いものがあるので、どんぐり君と一緒に見て歩きたいです。祭り用品屋も面白いですよ。

投稿: かぶと小僧 | 2011年10月27日 (木) 20時23分

かぶと小僧さんこんばんは!
ほら、お父さんもちゃ〜んと当時のトレンドに乗っ取って
鳥を飼っておられたんです。鳥の飼育って、本当にポピュラーだったんですよー。
地方橋の鳥屋さんはあいにく存じ上げませんが、埼玉から松戸あたりにかけては
昔からペット関係のお店が盛んでしたよね。
今でも魚にしろ昆虫やは虫類にしろ、
ちょっと珍しいものを取り扱っているお店が多いように思います。

子どんぐりもまたかぶと小僧さんに会えるのを楽しみにしている様です。
今年は自由研究で、市展だけでなく初めて茨城県南展でも賞をもらえたので、
ミュージアムパークに展示されるところまでいき、先日見に行きました。
「ひょっとしたらかぶと小僧さんにもあえるかもね〜」と話していたんですよ。
また遊んでやって下さいな(笑)

投稿: ぐりお | 2011年10月27日 (木) 22時49分

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。
どんぐり君凄いですね!おめでとうございます。
博物館にはいつまで展示されてるのですか?しばらく行かれないのですが、7日に雪入があるので、雪入に行かれれば、その帰りに寄れると思います。是非見せて頂きたいです。勉強させてもらわなきゃ。
ちょっと前にカトルボーンを入れました。デムがどう動くか楽しみです。

投稿: かぶと小僧 | 2011年10月28日 (金) 21時35分

かぶと小僧さんこんばんは!
自由研究の展示は、残念ながら多分もう終わってしまったと思います。
企画展示室の奥の部屋ですが・・・
研究テーマは「埋土種子」です。テーマとしては面白かったのですが
ちょっと地味だったかも(笑)

カトルボーン入れたのですね。それは是非注目してみて下さい。
きっとがっつり食い付く個体がいると思います。
それにしても、ちょっと個体数が多いかなあ。
結構良く食べて良く汚しますからね。彼等は。
少なめの個体数を何種類か飼育してみるのも面白いですよ。
種類によってエサの好みや行動など、生態面に違いがありますから。

投稿: ぐりお | 2011年10月29日 (土) 00時47分

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。
展示は終わってしまいましたか、残念です。今度、機会があれば見せて欲しいとどんぐり君に伝えて下さい。
先生、デムなんですが、今の時点で25匹になってしまいました。やっぱり多すぎますね。明日I先生に20匹送ります。
他の種類のデムはどこにいるでしょう?今はあまり時間がなくて、水元公園や三郷公園もゆっくり見て回る時間がないので、他の種類は難しいかなぁ…。
あのキセルガイを採集したいです。
今、飼育ケースを覗いてみたら、カトルボーンには4匹ついてました。他のはケース面やキャベツについてます。

投稿: かぶと小僧 | 2011年10月29日 (土) 22時16分

かぶと小僧さんこんばんは!
ん?この間は19匹でしたよね。追加採集?それとも6匹生まれた!?
まあ、個体数は抑えめにしておいた方が飼育も楽で楽しめますよ。
雌雄同体ですから少ない個体数でも殖えちゃいますしね(笑)
I先生は何でそんなに数を集めておられるのでしょうか。
ところで「あのキセルガイ」って?
キセルガイは場所さえはずさなければ、冬でも採集できます。
でも、陸産貝類はひとつの場所にまとまって分布して、
そこがダメになると生息地が一カ所消えてしまう・・・なんて事もあるので、
やたら数を採るのは賛成しかねます。オナジマイマイなら大丈夫ですが、
他の種類では注意が必要です。環境省のレッドレータをみると分かりますが、
陸産貝類の該当種が多いこと多いこと・・・彼等は移動能力が低い分
地域ごとに細かく種分化しているので、生息地の一カ所が持つ意味は
とても大きいんですよ。
ちなみに、三郷近辺だとやはり畑の周辺や公園が狙い目かなー。
ウスカワマイマイやミスジマイマイ、ヒダリマキマイマイはいそうですよね。
ラッキーだったらニッポンマイマイも見る事が出来るかも・・・
レアな種類はそちらなら古い神社や仏閣が可能性が高そうです。

どんぐり小僧にかぶと小僧さんのお話を伝えましたが、見せるのは
ちょっと恥ずかしいみたいでした。
今度会った時にでも話題を振ってみてやってください。

投稿: ぐりお | 2011年10月30日 (日) 01時25分

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。
追加採集してしまいました(汗)。明日I先生宛に20匹送ります。
I先生は、デムの特別展示をすると言ってました。もしかすると来年の夏休みかもです。それで一般のお客さんにも案内を出して集めてます。かなり集まって来たそうです。

投稿: かぶと小僧 | 2011年10月30日 (日) 22時58分

ほう、そうなんですか。展示があるとなると楽しみですね。
茨城県はまだ全県的な陸産貝類の調査が行われていません。
ゆえにそのスジの間では関東の空白地帯と言われています(笑)
ただ、この場合の空白を埋めるのは
特定の限られた条件に生息する希少種も含めての話なので、
そういう種類をちゃんと調査する良い機会になるといいですね。
そういう種類は広く一般に呼びかけて集まるタイプのものでは
ないような気もしますから、
ある程度専門的な目でフィールドをくまなく探すことも必要でしょうね。

投稿: ぐりお | 2011年10月31日 (月) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/42677267

この記事へのトラックバック一覧です: 手賀沼に光明:

« 基本は二年草 -ヤクシソウ- | トップページ | 母さんが徹夜をして »