« 母さんが徹夜をして | トップページ | 池の露秋2011 »

ファイナルマッチ

今朝はこの秋一番の冷え込みだったところも多かったみたいですね。
当地は昨日の朝の方が冷え込んで4.5℃!今朝も寒くて6℃でした。
昨夜も今晩も星がスゴくきれいに瞬いていて・・・
それがまた一段と寒さを感じさせます。
まだ秋も満喫していないのに冬の星空を見上げた気分(笑)

写真は庭の品種バラ「アイスバーグ」に産卵するニホンチュウレンジ。
黒とオレンジのお洒落で小さなハチなんですが、
バラの害虫としてはあまりにも有名。
バラの愛好家の方々はみな、
このハチの名を聞くと目が吊り上がってしまいます。
我が家はビオトープをベースとした庭なので、
基本的に害虫駆除は行わないのですが、ビオトープゾーン以外に植えた
園芸植物につく害虫は駆除しています。

当然このニホンチュウレンジも駆除対象。
多少穴だらけになっちゃった位ならまあ大目に見るのですが
コイツの幼虫たちときたら、花芽のついた枝の葉を丸ボウズにしてしまうので
花がまともに咲かなくなってしまいます。
不思議な事に、我が家にはハマナスやヤエヤマノイバラなど
ちぃと位食べられてもへっちゃらな丈夫自慢の原種バラがたくさんあるのに、
コイツらはどういう訳か数少ない園芸品種のバラを好むんですよ。
園芸品種の方が美味しいのかな?

ともあれ、春から始まったニホンチュウレンジとの闘いも
このあたりが今年のファイナルマッチとなりそうです。
絶対に卵は産ませません。絶対にです(笑)
それでも来シーズンはまた戦うことになるんでしょうけどね・・・

Nihonchurenji_sanran

|

« 母さんが徹夜をして | トップページ | 池の露秋2011 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

こっちにも書きます。
常総市のS家旧宅のSさんと仲良くなって、夏は毎週のように昆虫採集させてもらってます。Sさんの庭はバラ園になっています。やはりSさんはチュウレンジバチを駆除しています。それと凄い勢いでゴマダラカミキリを潰します。持って帰るから待って!と言っているのに目の敵のように潰されてしまいます。いつも潰されたゴマダラカミキリがテーブルの上に置いてあります。
僕にとっては大切に飼いたい昆虫なのに…。

投稿: かぶと小僧 | 2011年10月29日 (土) 22時26分

かぶと小僧さん、純粋にガーデニングや菜園づくりをしている人たちにとっては、
害虫は我々が想像もつかない程憎らしい存在なのだと思います。
べつに駆除してませんけど、ゴマダラカミキリは私もコワいですよ。
材の中を食い荒らす幼虫もさることながら、
木の若い枝の樹皮を剥ぎ取るように食べる成虫にも困ったものです。
私が育てている山の木の実生苗もよくやられて枯れます。
「ほかにいっぱい木はあるのに、こんな小さい1本しかない木の苗をかじるなよ〜」
と、ちょっと恨めしくなりますよ(笑)

投稿: ぐりお | 2011年10月30日 (日) 01時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/42730307

この記事へのトラックバック一覧です: ファイナルマッチ:

« 母さんが徹夜をして | トップページ | 池の露秋2011 »