« 何者でもなく | トップページ | ヒメギセルの産卵 »

庭ブナも黄葉


Niwabuna_ouyou01

昨日から寒くなりましたねー。
当地では昨日初霜!今朝の最低気温は昨日より0.5℃高い3.5℃。
微妙なところで降霜には至りませんでした。最高気温は15℃でした。

この冷え込みで、我が家の庭ブナが筑波山に一歩遅れて色付いて来ました。
日が当たりにくく、北風の当たる木の北半分は上の写真のように
もう落葉寸前の風情です。なんか見るからに寒そうですよねー(笑)
ピンとした空気の透明感は感じますけどね。

一方、池に面し日が当たる南半分は下の写真の通り。
まだ坂を駆け上る秋といった感じです。

Niwabuna_ouyou02

どちらも黄葉なんですけど、
コンビネーションの葉が赤茶か緑かで
随分違って見えるもんですね。
南半分が上の写真みたいになる頃には、
北半分は落ちた葉っぱが乾いたカラカラという音をさせることでしょう。
ああ・・・秋が駆け足で遠ざかって行きます。

・・・枯れ葉でイモでも焼くか〜(笑)

|

« 何者でもなく | トップページ | ヒメギセルの産卵 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは。当地も晩秋の気配が濃くなってまいりましたが・・・なかなかスカッとした紅葉にはお目にかかれていません。紅葉する以前に葉が茶黒く縮れて枯れてしまうんです。秋という季節が年々、ほんとにものすごい駆け足で過ぎ去ってしまって、捉えにくくなっているような気がします。秋はグラデーションを描いて降りてくると言いますが、見る側の余裕のなさ以外にも原因があるような・・・。
 渡り鳥はいかがですか?我が家ではまだ冬鳥確認できていません。
 ハブタエギセル画像拝見しました。やっぱり、さすが生体ですね。生き生きした姿がとても素晴らしかったです.かたつむりさん、くわっとさんもさぞかしお喜びと思いました。こちらにお越しいただいた皆さんもお元気です。

投稿: くわでん | 2011年11月17日 (木) 23時23分

くわでんさんどもですー。
おっしゃる通りですね。
春と秋があまり感じられなくなったように感じます。
特に秋かな〜・・・どうしてでしょうね。
私は高気圧と低気圧の相対差が大きくなって来たように思います。
だから気温も雨の降り方もぎくしゃくして・・・
四季って、春と秋が作っているんですよね。
くわでんさんの言うところの、グラデーションが
ちょっと解像度が低い画像みたいになったような・・・変な例えでした(笑)

お国自慢みたいだけど、ハブタエって実にきれいなキセルだと思うんです。
若い個体は殻が半透明のレモンイエローなんですよ〜!
だけどマイナー過ぎてどこにも画像が見当たらないもんで、
どうしてもデム好きのみなさんに見てもらいたかったんです(笑)
興味ある方ここに貼らせてもらってます↓
http://imbbs5.net4u.org/sr3_bbss.cgi?cat=37868kata2006
そのうちこのブログにもアップする予定です。

投稿: ぐりお | 2011年11月19日 (土) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/43045010

この記事へのトラックバック一覧です: 庭ブナも黄葉:

« 何者でもなく | トップページ | ヒメギセルの産卵 »