« 謹賀新年2012 | トップページ | ロビィの続き »

エコなのかな

昨年は震災に伴う電力需給の逼迫により、事業所のだけでなく
各家庭でも節電への取り組みが進められましたね。
その結果として扇風機が品薄になったり、
各家電メーカーから省電力型のエアコンが新発売されたりしました。
他にも衣料品で快適な構造を取り入れたものや、クールジェルを利用した
小物がいろいろと発売されたりもしましたね。
みんなが大変な思いをした夏でしたが、震災が無かったら
こうした商品の開発にこれほどはずみがつく事も無かったのでは・・・とも
思えます。でも、本気で工夫を進めるのはいいことですよね。

こうした節電アイテムと並行して、
「グリーンカーテン」がブレイクしました。
最も目立ったのがゴーヤでしょうか。次いでヘチマやアサガオかな。
我が家はもともと栽培していたウマノスズクサ科のつる植物
パイプカズラ(=Aristolochia gigantea)を、昨年は玄関の日除けとして
いわゆるグリーンカーテンに仕立てました。
葉の方は首尾よく茂ってくれたので本来の目的は
達成したのですが、葉のボリュームを出そうとして与えた
肥料とそのタイミングが悪かったのか、花がなかなか咲いてくれず
秋も深まった頃からようやくポンポン咲くようになりました。

写真は年末の大掃除の際に、
茎をからませていたネットをはずした際の様子です。
この冬はいきなり強く冷え込むようになったので、
葉っぱはすっかり萎れてしまっていますが
驚いた事に花がまだ3輪、傷みもせずに咲いていました。
とはいえこう寒くては根と株元が心配。
幸いまだ傷んでいないようなので、
元から切って株を温室に取り込みました。

さて、問題は残った部分・・・ネットに絡まった茎と葉です。
ネットは幅1.5メートル、高さ3メートルとそう大きくはないのですが、
それでもつる茎を細かく切断しながらネットと分離するまで
小一時間掛かりました。
う〜ん、うちのグリーンカーテンは小規模だったからこの程度だけど、
大々的にやった人は結構後始末が大変ですよね。

みなさんがどうされたのか気になったので、
グリーンカーテンをやった知り合いに聞いてみたのですが、
7人のうち5人は「そのまま燃えるゴミ」とのこと。
・・・そうだよねー・・・(笑)
私の場合、幸か不幸か根っから貧乏人根性なもので、
そのままネットを捨ててしまうという発想がありませんでした。
紫外線による劣化が著しいならともかく、まだ使えますから・・・

でもでも、昨年はすごーく沢山の方が
グリーンカーテンに取り組まれましたよね。
その殆どがまるごと廃棄・焼却された場合、
再生産できる植物体はともかく
石油化学製品のネットについてはあんまりエコじゃないですよねえ。
天然繊維のネットもあるんでしょうかね?
素材的には麻ひもやシュロひもが使えますけど、
あれを個人で編んで大きなネットにするのは大変だし・・・
生分解性プラスチックのネットとか作れないのかなあ・・・
うーむ、やはり同じ生産コストでは無理かもしれないですね。
今年も沢山の方や団体がグリーンカーテンに取り組むのでしょうから、
何とか天然素材でできるといいのですけどねー・・・

Green_wall

|

« 謹賀新年2012 | トップページ | ロビィの続き »

意見がある人〜ハイ、ぐりお君」カテゴリの記事

コメント

ぐりお先生、こんにちは。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、我が家は家の構造上、グリーンカーテンはできないのですが、サヤエンドウのツルをネットに這わせました。

春の恵みを堪能した後には同じくツルと葉っぱとネットが残りました。

捨てるに捨てられず、ひと夏、庭の片隅に放置したところ、冬にはツルと葉っぱがカリカリに乾燥してポロポロ簡単に取れました!嬉しかったです。

今春も新品同様に活躍してくれることと思います。

投稿: マリ | 2012年1月 4日 (水) 22時40分

マリさん、明けましておめでとうございます。
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

にゃるほどっ!!
放置で結果的に枯れた植物体の自然分解が進んだのですね。
樹じゃあ短期間ではなかなかそうもいかないでしょうけど
つる草ならそれはいい方法ですね。
ただ注意しなくちゃいけないのが、草がもろくなるのを早めようと
あんまり日射しの下に出しっ放しにすると、ネットが劣化しちゃうことですね。
「庭の片隅」ってトコがミソでしょうか。

私も今年は
たい肥づくりの落ち葉を積んでいる日陰に
しばらく放置してみる・・・ってのを試してみます。

投稿: ぐりお | 2012年1月 4日 (水) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/43621470

この記事へのトラックバック一覧です: エコなのかな:

« 謹賀新年2012 | トップページ | ロビィの続き »