« カラカラの極寒 | トップページ | いつもの春に? »

がんばれアクアマリン!

寒い日が続いております。
まあ折しも寒中なのでいたしかたありませんが、12日以降
ずっと最低気温が-5℃を下回っています。こりゃ本当に厳しい!

そんな中、昨日は福島県いわき市の水族館
「アクアマリンふくしま」に出掛けて来ました。
報道等でご存知の方も多いと思いますが、「アクアマリンふくしま」は
昨年の震災で大変な状況に追い込まれながら、
館長はじめ職員の皆さんの懸命の努力で、
震災から約半年後に再開館にこぎ着けました。
この水族館のファンである私としてももっと早く訪れたかったのですが
年が明けてようやく実現しました。

とはいえ、水族館の周辺の道路や公園、倉庫、店舗などなど・・・
まだまだ生々しい震災の爪痕が残っていて、
車ごしに見る風景には心が痛くなりました。
水族館も、水族館のしっかりとした建物だけがこつ然と残っている感じで、
外構まわりはまだまだ復興が追いつかない状況が見て取れました。
下がその「アクアマリンふくしま」の本館。なんかあらためて見ると
屋根が壊れているのかと誤解されそうなデザインにも見えますが、
これはこういうデザインです。決して壊れてる訳じゃないですよ(笑)
ガラスを多用し、採光を最大限活かした素晴らしい建築です。

Aquamarine01

ご自慢の吹き抜け大水槽も健在でした。
おまんじゅう見たいな形になったイワシの群れがこれまた見事!
これが照明じゃなくて天然の降り注ぐ太陽光で見られるのがここの醍醐味!
いつ来てもすっごく素敵なのです。
ただ、本来この水槽に入っている魚種数よりも、
ちょっと少なめだったかな・・・今後の復興に期待です。

Aquamarine00

他の展示も、まだ追いついていないところがありましたが、
もちろん充分に見応えのある充実度にはなっていました。
ここまで盛り返すのには、設備の維持、飼育個体の維持、
不足個体の補充などなど・・・自由にならない状況の中で
一体どれほどのご苦労があったことか・・・

Aqamarine02

下の写真は、館内のレストランから外を見たカットです。
一歩外の小名浜港は、大打撃から立ち直ろうとするただ中でした。
極寒の北風の中、たくさんの方が働いておられました。

Aqamarine04

この地を襲ったのは地震と津波だけではありません。
原発事故の問題はそれ以上の打撃です。
実際の放射線値は安全レベルですが、
いわゆる風評の部分はいかんともしがたいところ。
来館者に不安を与えない様、タッチプールの水は人工海水に切り替え、
中の生物も静岡や和歌山から導入しているそうです。
しかし、放射線値が完全に不検出の状態が継続できているため
程なく自前の海水の使用もできそうだとか・・・
館内のレストランもメニューが著しく制限されていますが、
こちらも徐々に増えて行く事でしょう。
私にできる応援は入館して、その魅力をレポートする事位・・・
でも、この水族館の魅力は失われていませんでしたから、
また近いうちに行ってみたいと思います。

|

« カラカラの極寒 | トップページ | いつもの春に? »

雑記帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/43760128

この記事へのトラックバック一覧です: がんばれアクアマリン!:

« カラカラの極寒 | トップページ | いつもの春に? »