« これが結論 | トップページ | 女神不時着!? »

池の早春2012

今日、三月の締めくくりの一日は、とんでもない嵐の一日となりました。
春先に低気圧が発達しながら通過する際、
北西から南西の風が非常に強く吹き荒れるのは毎年のことなのですが、
今年の風は台風並みかそれ以上でした。

このところ地面が乾いていたので土埃がものすごくて、
数百メートル先は黄土色に曇って全く見えないほどでした。
暴風は昨日からですが、今日の午後3時頃からは強い雨も加わり、
夕方まで本当に台風のような暴風雨でした。
とても外に出られる状況ではありませんから確認できていませんが、
庭の春植物たちにも被害が出た事でしょう。
特に開花直前の状態だったカタクリが心配です。

写真は昨日のお昼過ぎの撮影です。
この時点ではまだ風は時折強くざわつく程度でした。
この春先はしばしば雨も降ったのですが、
雨と雨のインターバルに吹く風の方がまさっているので
見ての通り庭はカラカラの状態です。

そして何度も書いたのこの冬の寒さ。
その影響は今なお強く、
例年なら池の畔を彩り始めるクサボケのオレンジ色が全く見当たりません。
近隣の林縁に春を告げるコブシも全く咲いていません。
今までの当地の記憶で、3月末にコブシの花が全く見られないというのは
おそらく初めてのことです。

しかし、ヒキガエルの繁殖は昨年より少し早く終わっています。
昨年3月の定点撮影はやはり31日にアップしていますが、
その写真には繁殖に訪れたヒキガエルが複数写っています。

今までもさむい冬の後には
強風の日が多い傾向が見られるように思うのですが、
今年もそうなのかもしれません。
うららかな春の日が本当に待ち遠しいですよね〜。
でも、この嵐が桜の開花と重ならなくてよかった。それだけが救いかな(笑)

Ike2012soushum

|

« これが結論 | トップページ | 女神不時着!? »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

先生、おはようございます。
いつもありがとうございます。
三郷放水路の遊歩道の桜も全然咲いてません。毎年はもう散ってしまう頃なのに。でも、蕎麦屋さんの方に渡るとうっすら咲いています。放水路のソメイヨシノとは違う種類みたいです。連休になるとここでサクランボ祭りをやります(勝手に食べて良い)。
昨日は博物館へ行って来たのですが、野外もほとんど咲いてませんでした。H先生と新任の先生とガイドツアーの引き継ぎをされるのに一緒に歩かせてもらいました。
他の先生も異動されてしまって、益々落ち込みました。
H先生に話すことがたくさんあったのですが、あまりうまく話せなくて情けないです。
一応、来週も博物館なんですが、来週にはパーッと花が咲いていると嬉しいです。

投稿: かぶと小僧 | 2012年4月 1日 (日) 07時37分

かぶと小僧さんこんばんは!
放水路のサクランボ祭りは知りませんでした。
なんとサクランボを勝手に食べてよいとな・・・・!!
すごく耳寄りですね。唾液腺が激しく反応してしまいました(笑)
これはもう行くしか無い!

H先生と会う機会はこれからもまだまだあると思います。
彼自身は「筑波山に近くなる」という前向きなコメントを下さいました。
これからフィールドで会えるのを楽しみにしているんですよ。

桜、早く咲いて欲しいと待ち遠しい気持ちですが
咲いてしまうとあまりにもあっけなく散るので(そこがいいんですけどね)
開花を待ち望む今こそ、じつはもっともワクワクする時期なのかも知れません。
今年のネイチャーシーズンの幕開けを楽しみましょう。

投稿: ぐりお | 2012年4月 2日 (月) 01時04分

先生、こんにちは。いつもありがとうございます。
サクランボの木は放水路に対して垂直にある遊歩道の並木です。蕎麦屋さんから徒歩7~8分くらいです。でも小さな実の種類のようです。高枝切り鋏を持って来る凄い人もいます。
教頭先生は学校の中で一番忙しいと聞きました。でも会いに行ってもいいそうなので、会いに行きたいと思っています。この世の中からいなくなる訳じゃないんだし、TXに乗ったら博物館より近いんだぞって言われました。
でも早く戻って来て欲しいです。

投稿: かぶと小僧 | 2012年4月 2日 (月) 15時59分

かぶと小僧さんこんばんは!
サクランボ祭り、時間が取れたら
お蕎麦のデザートに立ち寄ってみたいと思います(笑)

私も学校をお訪ねしてみたいと思っているのですよ。
ビオトープ設計の仕事の売り込みも兼ねて(追笑)

投稿: ぐりお | 2012年4月 2日 (月) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/44706036

この記事へのトラックバック一覧です: 池の早春2012:

« これが結論 | トップページ | 女神不時着!? »