« OMが復活! | トップページ | ザ・手賀沼お散歩ブック »

誘惑の甘い香り

Glumaceum_1203

にわかに春らしさが続いてますが、今日までみたいですね。
週末にはまた真冬の気温が控えている様なので、油断大敵です。
春植物がようやく姿を現し始めたのですが、ここでまた足踏みかな・・・

油断と言えば、今うっかり温室に立ち入ると、
気分がほわ〜んとしてしばらく再起不能になります(笑)

じつは写真のラン、デンドロキラム・グルマケウム
(=Dendrochilum glumaceum)がちょうど開花中。
このランの花にはとても強いバニラに似た香りがあるので
温室中にこの香りが充満しているんです。
私、バニラとココナッツミルクの香りに弱いのですよ〜(笑)
一度こういう香りに包まれてしまうと、美味しい洋菓子でも食べないと
どうにも一区切りつきません(追笑)
今日は昼食後に水やりのため温室に入ったので、
その後マンゴープリンを食べて無事職場復帰しました。

このラン、香りはとてもゴージャスなのですが、
花の見てくれは案外地味です。
ブラシみたいな花穂が面白いのですけどね。
一輪一輪は繊細な白い小花で、それが弓なりになった花茎に
互い違いに2列に並びます。
カトレヤみたいな一輪の豪華さはありませんが、
集団演技の規則的な美を感じる花です。

でも一輪のアップを見るとほら、ちょっとシュンランみたいに横長ですが
ちゃあんとランの花の姿をしていますよ。
元気な子どもたちが「前へならい」をしているみたいな賑やかさを感じます。

Glumaceum1203up

|

« OMが復活! | トップページ | ザ・手賀沼お散歩ブック »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。大変ご無沙汰しております。
僕の拙いブログにコメントいただきありがとうございましたhappy01
実は今日、水戸のショッピングモールへ寄ったら、偶然ラン展をやっていました。しかも、話題のデンドロキラムが展示されているではありませんか!早速匂いを嗅いでみたのですが、本当にバニラの香りなんですね!ビックリでした。

投稿: yana | 2012年3月10日 (土) 23時32分

yanaさんこんばんは!
yanaさんのブログ、結構楽しみにしてるんです。
珍しい植物がしばしば登場しますけど、私が手を出していない
未知の領域が垣間見えてたまりません。
ちょっと吸い込まれそうなのが怖いですが(笑)

そうですか。デンドロキラムが出ていましたか〜!
バニラそのものもランの一種ですが、バニラの香りのランって、
他にも何種類かあるみたいですよ。
よく売られているのはオンシジウムの交配種のなんとかってヤツで、
これまた見事に強いバニラの香りです。

投稿: ぐりお | 2012年3月12日 (月) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/44404780

この記事へのトラックバック一覧です: 誘惑の甘い香り:

« OMが復活! | トップページ | ザ・手賀沼お散歩ブック »