« 誘惑の甘い香り | トップページ | はや一年 »

ザ・手賀沼お散歩ブック

Shikinoteganuma

まったくよく降りますねえ!
春先の雨は恵みをもたらしますが、お日様だって恵みですから・・・
適当なバランスが欲しいところです。
今日は最高気温が10℃に届かずの9℃でしたが、
最低気温が4.5℃と高かったので冬に逆戻りとまでは感じませんでした。
でも、明日以降は気温が低めにシフトするので、
再び氷点下になる日もやって来そうです。

さて、少し前の2月末のことになるのですが、一つの仕事が納まりました。
「我孫子野鳥を守る会」の40周年記念事業の一環として
手賀沼周辺の自然観察ウォーキングの本を作ったのです。
千葉県我孫子市は毎年ジャパンバードフェスティバルも開催されたりして
「野鳥と共生するまち」として(知ってる人には)知られている市ですが、
この我孫子を拠点に活動している「我孫子野鳥を守る会」が
設立40周年というのは知りませんでした。
すごいですよね。ビックリです。

今までも10周年ごとに冊子を制作発行してきたとのことですが、
今回は調査報告書とこのカラーガイドブックの2本立てということで、
会の皆さんもエネルギーを費やして充実したものができました。

私が編集デザインを担当させていただいたのは
「四季の手賀沼周辺散歩」というタイトルのA5判ミニガイドです。
中には会員の皆さんがチームを編成して
徹底的に実地調査した散策コースが、7つ紹介されています。
どのコースも気軽に散歩しながら野鳥や季節の花、昆虫などを観察できる様
四季の順にその魅力を綴っています。
各コースの紹介の末尾にはトピックスも設けられていて、
コースにまつわる史跡の解説やこぼれ話が楽しめます。

とにかく会の皆さんの執筆編集体勢が非常にしっかりしていたので、
ぐりお的にはずいぶん楽な仕事でした。
コースのトップに挿入してあるコースマップがちょっと大変でしたけど(笑)
そもそも興味のある内容なので、
組版作業しながらもつい読んでしまいます。
おかげで校了になる頃には
手賀沼周辺の地理や野鳥のポイントが大体頭に入りましたよ(笑)

この冊子、我孫子市や柏市の一部の書店、我孫子市鳥の博物館などで
購入できるようです。ワンコイン(500円)なり。
けっこう売れてるみたいです。良かった良かった〜!

|

« 誘惑の甘い香り | トップページ | はや一年 »

MY WORKS」カテゴリの記事

コメント

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。
4月からの「行き先」が決まりましたので(笑)またここでお世話になります。詳しいことは手紙に書きました。
我孫子野鳥を守る会の40周年の仕事をされていたのですね。先月、広報のM先生から18日の記念行事「アホウドリの講演会」に誘って頂きました。行く予定なのですが、明日の第1回目の入学準備説明会に行ってみないとわからなくなりました。父に小冊子の購読に協力をとおっしゃっていたそうなので、もしかすると先生の作品かもしれません。
ここに来られることが本当に嬉しいです。またたくさん教えて下さい!!


投稿: かぶと小僧 | 2012年3月10日 (土) 20時33分

かぶと小僧さんいらっしゃいませ!
そして何よりおめでとうございます!!お疲れさまでした!!!

18日の講演会は私も声を掛けられているのですが、やはり予定が微妙です。
お互い都合が付いて会えると嬉しいですね。
このブログにもこれからまた、存分においでくださいませ!
お父様にもよろしくお伝え下さい。

投稿: ぐりお | 2012年3月10日 (土) 23時02分

ありがとうございます!
昨日、書類提出と教科書の購入、制服や体育着の発注に行って来ました。
18日は柔道着などの引き取りがあるので、残念ですが手賀沼行きは難しいかもしれません。
はっきりしたらまた連絡します。

投稿: かぶと小僧 | 2012年3月12日 (月) 17時38分

入学準備もいろいろあるでしょうから、
一息ついてる場合より、バタバタとした緊張感がありそうですね。
私は18日は多分行けると思うのですが、こちらも今業務繁忙期なので
どうなることやら・・・

無理しないでくださいね。

投稿: ぐりお | 2012年3月13日 (火) 00時44分

ぐりお先生、こんにちは。

近くに用事があったので、我孫子市鳥の博物館に行って参りました。

もちろん、ガイドブックも購入しました。

できたばっかりなんですよ~、と売店のお姉さまが嬉しそうに教えてくれました。

とても判りやすいガイドブックですね。地図、素敵です。方位と縮尺が入っていない地図って世の中にたくさんあるんですが、正統派なので安心できます。

ページの数字のところも鳥さんになっているなんて、記事を探すときも楽しいです。

私が気に入ったのは、生き物を差別していないこと。

コブハクチョウもウシガエルも悪者にしないスタンスって、いいなあと思いました。

目の前にいる生き物をそのまま見ることはとても大切ですよね。

投稿: マリ | 2012年3月13日 (火) 16時24分

マリさんこんばんは!
鳥博行かれたのですね。お買い上げ有り難うございます(笑)
結構売れているようなので、
契約を売り上げ歩合にしておけば良かったと思っています(爆)

生態系保全の話ならともかく、
そもそも良い生きものとか悪い生きものとか無いですからね。
どの生きものも、その生態を垣間みるのは興味深いことです。
まあ、唯一悪いとしたらやはり人間かなあ。

我孫子野鳥を守る会のみなさんは
とても熱心に編集に取り組んで下さいました。
みなさんこれから自然や生き物のトビラを開こうという
市民読者の立場になって中身を練られているので、読みやすいと思います。
それにしても、我孫子市民にとっての手賀沼位に
私たちにとって霞ケ浦が身近に愛せる存在だといいなあ・・・と
我孫子を訪ねる度に思います。

投稿: ぐりお | 2012年3月13日 (火) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/44432473

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・手賀沼お散歩ブック:

« 誘惑の甘い香り | トップページ | はや一年 »