« そう、また白いんだ | トップページ | 生ける当たりくじ »

クルシアナが来た2

Tclusiana12041

じつはですね〜、そろそろ昆虫の記事が書きたいと思って、
更新を一日延ばして写真撮影を試みたのですが・・・
めぼしい画像が撮れませんでした。っていうか、昆虫少なっ!!
やはり気温がまだ低めなのでしょうね。
確かにちょうちょはひらひらしているし、
テントウムシやカメムシも見当たることは見当たるんですが・・・
飼育しているゲンゴロウもまだ繁殖モードに入っていません。
もう4月中旬も終わろうというのに・・・

で、ネタに困ってまたまたチューリップです。
興味ない方にはホントすんませんです(笑)
写真のツートンカラーのチューリップは、
昨年の9月26日に球根の記事でアップした原種、クルシアナ。
(=Tulipa clusiana)
このスタンダードタイプのクルシアナの球根は、
ずっと以前から欲しい欲しいと思っていたのですが、
なかなか手に入れられずにいました。

今回入手したショップの品名タイトルにも「希少原種」と記されていました。
クルシアナでも黄色い変種のクリサンサや選抜個体のレディージェーンは
どこでも売られているんですけどね・・・

ですからこの花を実際にこの目で見るのがすごーく楽しみでした。
で、咲いたのが写真の通りの花。
外花被片の外側が濃いワインレッドなので、
真っ白な基本色とのコントラストが実に鮮やかです。
気に入りました〜(笑)
上から花の内側を見下ろすと下の写真の通り、だいぶ印象が変わります。
内花被片がややスプーン状の形なのに対し、外花被片は先が尖ったくさび型で
それが見事に120℃分割で開くので、きれいな正三角形になります。
花の中心部は赤紫色なのですね。
この花、もうひとつ「背がすらりと高い」という特徴も持っています。
すっくと伸びた花茎は30センチに達し、原種チューリップとしては
かなりののっぽです。
家人が「切り花向きだね〜」といってハサミを隠し持っていました(笑;)

Tclusiana12042

|

« そう、また白いんだ | トップページ | 生ける当たりくじ »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/44948673

この記事へのトラックバック一覧です: クルシアナが来た2:

« そう、また白いんだ | トップページ | 生ける当たりくじ »