« マルコの今後 | トップページ | 山椒薔薇 »

池の新緑2012

Ike2012shinryoku

昨日(5月30日)はブログの更新日だったのですが、
早朝から一日西東京方面へ出張だったため、一日遅れの更新です。
じつは昨日は環境調査の仕事で雑木林の中をひたすら歩き回り
植物をリストアップしていました。
合間を見て昨日なりに写真も撮ったのですが、どうしても月が変わる前に
アップしなくてはならない記事があったのでお蔵入りです(笑)

で、そのどうしても・・・というのが毎月恒例の定点撮影。
まあ、どうってこともない話題ではあるのですが・・・(笑;)
ついつい写真を撮りそびれていたので月末ギリギリで撮影となりました。

池も新緑が眩しくなりました。
今日は撮影時に曇っていましたが、それでも緑色が鮮やかでした。
この時期の若々しい緑は本当に気持ちがいいものですよね。
気温は最高気温が22℃と、相変わらずやや低め。
まるでどっかの高原みたいです。ちなみに調べてみたら、
昨年5月のこの記事の際も、最高気温が23.5℃、最低気温にいたっては
8.5℃という低温ぶりでした。
そうでしたっけね。昨年も6月上旬までやたら極端に低温でした。
で、夏の暑さも大したことなく、
節電の夏はどうにか乗り切る事ができたんでした。
今年はどうなるのでしょうねー・・・

さて、池の周りもやはりそうなのですが、今年はみなさん仰る通り、
昆虫が種類も数もたいへん少なく感じられます。
この季節は低木の白い小花に沢山の甲虫がやって来るのですが、
今年はとても少ないです。そして、少ないながらもやって来る常連の
コアオハナムグリやベニカミキリがみんなみんな小振りです。
この傾向がいつまで続くのか注視したいと思っています。

池のヘイケボタルはあまり低温に影響されること無く
27日から光り始め、現在10〜20匹のオスが明滅しながら飛び交っています。
おそらくこれから2週間ぐらいがピークになると思います。
ゼニタナゴの稚魚は現在確認したところでやく180匹が浮出しています。
秋にゼニタナゴの成魚が産卵したいくつかのドブガイが、
残念ながら冬の間に口を開けて死んでしまいました。
こうして死んだドブガイには例外無く沢山のゼニタナゴの卵が見られたので、
もしかするとゼニタナゴの産卵が集中し過ぎて
呼吸不全を起こしたのかもしれません。
ゼニタナゴの繁殖個体数に対し、ドブガイが足りないのかもしれません。

庭クヌギも数本が樹液を出し始め、スズメバチ類に混じって
ゴマダラチョウやコクワガタが姿を見せるようになりました。
暑くなったら、またたくさんの昆虫が姿を見せてくれるでしょうか?
今年はちょっと心配になっています。

|

« マルコの今後 | トップページ | 山椒薔薇 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

先日はお疲れ様でした。
現場では何だかバタバタしてしまって、きちんとご挨拶も出来ず申し訳ございませんでした。機会がありましたら、今度はゆっくりお話させてください。

昨日なりの写真・・気になりますね。こちらにはまだ来ていないチョウチョの春型・・だったりして?
池のある庭って憧れますね。ぐりおさんの写真を見ていると、いつかは自分も!という気持ちがわいてきます。とりあえず今年はアリストロキアのグリーンカーテンで我慢することにします。

投稿: yana | 2012年5月31日 (木) 23時21分

yanaさんこんばんは!
先日はお疲れさまでした。・・・そうですね。
今回の調査ではお互いバタバタしていて、
ゆっくりお話できなかったのが残念です。

昨日なりの写真はシダが多いです。
え?ひょっとしてそんなチョウチョが出ました?
じつはチームのM氏と一緒に
「昆虫の結果、めちゃめちゃ気になるよね〜」って話していたんですよ。
午後はアサギマダラを数頭見ましたが、
写真を撮る余裕はありませんでした(笑)

アリストロキアのグリーンカーテンいいですねーっ!!
うちにもギガンテアってヤツがありますが、あれって短日性なのでしょうか。
早めに温室でつるを伸ばしてから外栽培にしても、
夏の盛りを過ぎるまで花が咲いてくれません。
ジャコウアゲハがやたらと産卵しますが、なかなか成虫には育たない様です。

投稿: ぐりお | 2012年6月 1日 (金) 23時43分

残念ながら、昆虫の方は特別気になるような種類は出ませんでした。チョウというのはアカボシゴマダラのことです。期待させてすみません・・。春型は赤星が殆ど出ないようで、最初何者だか分からなかったです(?_?)

うちでグリーンカーテンにしようと思っているのは、ギガンテアとグランディフロラなんですが、ぐりおさんのように上手く育てられるか不安です・・。ジャコウアゲハに食い荒らされても困りますが、成虫まで育ち難いというのは、それはそれで残念な気がしますね(笑)

投稿: yana | 2012年6月 2日 (土) 20時04分

yanaさん、アカボシゴマダラでしたか!
あの辺ならもういるでしょうね。
あそこからそう遠くない生田緑地でもいますし・・・

おお!アリストロキア2原種お持ちでしたか。楽しみですね。
うちにももう1種類小振りで黄色い花が咲くヤツがあるんですけど
うっかりラベル失念!種名を調べ直さねばなりません。
ちなみにそっちの種類では、ジャコウアゲハは普通に成虫になります。
ギガンテアでは何が問題なのか、興味深いところです。

その後ホンシュウオオイチモンジシマは殖えてますか?
べっこう模様のきれいなゲンゴロウですよね。
私は野生のものは一度しか見た事がありません。

投稿: ぐりお | 2012年6月 2日 (土) 23時11分

なるほどー。ギガンテアとグランディフロラで成長に差が出るか、ジャコウアゲハがやってきたら観察してみようと思います。

オオイチモンジシマは、その後幼虫がぱったりと出なくなりました。ただ、今出てきても忙しくて面倒を見れそうにありませんので、ちょうどいいかもです。僕も野生のオオイチモンジシマを見たのは1度だけですね。

投稿: yana | 2012年6月 6日 (水) 23時16分

yanaさんこんばんはー!
ギガンテアとグランディフロラは
どちらもかなり大規模に繁茂する種類みたいなので、
がんばって下さいね。咲いたら是非ブログにアップお願いします!

噂で聞いたのですが、yanaさんが見たオオイチモンジシマって、
当県でしょ。スゴいですよね!
私はお隣の千葉です。千葉は案外多いみたいですね。
まれに学校ビオトープなんかにも現れるようです。

投稿: ぐりお | 2012年6月 6日 (水) 23時57分

どもでーす。
池の周りの雰囲気ってとってもいいですね。

ほんと今年の夏はどうなるんだろうなぁ。
普通の夏が来て欲しいですよね。

あっ、農家の方には悪いですが、
個人的には冷夏がいいなぁ。
ってそうなると野菜の値段とかもあがるからダメかぁ。(笑)

投稿: こー | 2012年6月17日 (日) 16時40分

こーさんどもです!
池の周り・・・撮影時点から少し日がたち、
なんだかジャングルになりつつあります(笑)
そろそろ下枝切りとかしなくちゃいけないのですが、
今ぜんぜん時間がとれませーん(泣)

どうなりますかね、今年の夏。
台風来てますね。この時期に・・・やっぱり普通の夏には
ならないのかもしれませんねえ。
猛暑でも冷夏でもなく、普通の夏、「金鳥の夏」がいいなあ(笑)

投稿: ぐりお | 2012年6月18日 (月) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/45481525

この記事へのトラックバック一覧です: 池の新緑2012:

« マルコの今後 | トップページ | 山椒薔薇 »