« 視界良好! | トップページ | 青いオダマキ、アルピナ »

クヌギに珍客

Aohanamuguri1205

だいぶ春が進んだとはいえ、まだ低温傾向は続いており
初夏の雰囲気・・・とまでは言えない感じです。
どこか空気が冷たくて、朝晩が冷え込むのですよねー。
今日も最高気温は23.5℃止まり、最低気温に至っては
10℃割れの9℃でした。

それでもいつも沢山の樹液を出す♯6クヌギは樹液を出し始めました。
今、もっとも盛んに訪れているのはスズメバチ(オオスズメバチ)の女王。
働きバチよりも大きいので、圧巻です。
集中するタイミングだと7〜8匹の巨大な女王が樹液場を取り囲んでいます。
さすがに女王様はお行儀が良くて、働きバチがよくやるような小競り合いは
殆ど起こりません。ちゃんと順番を待つ事が殆どです。

今日は夕方前にスズメバチがいない時間帯がありました。
そこに鬼ならぬ「女王のいぬ間」ということで、
ちょっと珍しいお客さんがやって来ていました。
鮮やかな緑色をしたきれいな甲虫です。
「ややっ、ひょっとしてキョウトアオハナムグリのオス!?」
と思ったのですが、よく見るとそれよりは小振りでスリム。
緑色の中に散りばめられた白斑も少なめなので、アオハナムグリです。

アオハナムグリはよく似たコアオハナムグリとくらべると数が少なくて
珍しいとまでは言いませんが、たまにしか見かけない虫です。
庭のイボタノキが満開のとき、コアオハナムグリが40匹位で
クロハナムグリが7〜8匹ぐらい来ているとすると、
アオハナムグリは1〜2匹いる・・・そんな感じです。

でも、上の写真は少し珍しいかもしれません。
それは樹液に来ているからです。
アオハナムグリは花には来ますが、樹液で見たのは私はこれが初めてです。
図鑑にも花に来るとしか書かれていませんでした。

で、もひとつ庭クヌギで珍しかったのが下の写真。
アオハナムグリの右側の穴の中から
ちょっと不気味ないも虫がうにゅっと出て来ています。
これはボクトウガの幼虫です。
ボクトウガの幼虫はクヌギ等の樹皮下の組織を食べながら穿孔し、
樹液が出る作用を助長し続ける事で知られています。
もともとは樹皮下の組織を食べた結果樹液が出ると考えられていましたが、
最近はボクトウガの幼虫が、こうして出た樹液に集まった虫の中から
めぼしいものを補食する事がわかりました。
実際に私もヨツボシケシキスイの幼虫が
ボクトウガの幼虫に食べられるところを観察した事があります。

どうやらこのクヌギでは、今年もまた昆虫たちのドラマが
沢山見られそうです。楽しみ楽しみ・・・(笑)

Bokutouga_yochu1205

|

« 視界良好! | トップページ | 青いオダマキ、アルピナ »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。
ボクトウガのこと、全然知りませんでした。図鑑で調べたらありました。樹液の穴はカミキリムシとしか知らなかったので、また1つ勉強になりました。
アオハナムグリはキレイですよね。昨年飼ってました(常総市で採集)。うちはコアオもシロテンも全部昆虫ゼリーで飼育しちゃってました。
コカブトやオサムシ、シデムシもゼリー食べますね。驚きました。

投稿: かぶと小僧 | 2012年5月15日 (火) 20時16分

かぶと小僧さんこんにちは。
私はカナブン・ハナムグリの仲間が大好きなのですが、
近所で見ることができる種類は限られているので、
見慣れたコアオの中にクロハナムグリやアオハナムグリが
数匹混じっているだけでも嬉しくなってしまいます。

今回紹介したのはアオハナムグリでしたが、
以前コアオもクヌギの樹液に来た事があり、やはりこのブログで
紹介しました。
これらの事から考えると、どのハナムグリも
昆虫ゼリーで飼育できるのでしょうね。
コカブトムシとシデムシは何となく分かるのですが、
昆虫ゼリーにオサムシというのはちょっと意外な気もしますね。
まあでも、カルピスを使ったベイトトラップに来ていたこともあるので
甘いものが欲しい時もあるのかな?(笑)

投稿: ぐりお | 2012年5月16日 (水) 17時33分

ものすごぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉくお久しぶりです。(^^ゞ

本日、ゼロを発射しまーす。
ただね、根が一本なんだぁ。
固定はしてるけどちょっと不安・・・・・・。
3年後しか4年越しになっちゃって
申し訳ありませんでしたぁ。

昨年、こちらではアシナガバチが大量発生しちゃって、
2回刺されちゃった。
アナフィラキシーショックを心配したんですが、
無事何事もおこらなくほっとしてました。
今年も大量発生しなければいいなぁ。
巣もね、女王蜂だけの時に見つけて数個ツブしてるんですよぉ。


では、ほんとご無沙汰でした。ぺこ


ぐりおさんに向かって本日発射しまーす。

投稿: こー | 2012年5月19日 (土) 11時24分

おっっ、こーさんども。おひさっす!!
ゼロ楽しみに待ってますう。
うちにあるのは2系統(A系統とB系統)なので
いただいたものはC系統(=こー系統)ですね(笑)
大事にします・・・まずはその1本の根を(追笑)
まあ、切り離しちゃうと案外なんとかなりますしね。
親離れしてこそ開ける自活の道ってヤツでしょうか。

こーさん良かったですね・・・って言っていいのか微妙だけど
とりあえず抗体の過剰反応が起きる体質ではなかったのですね。
これ起きる人は大変ですからねー・・・
人によってはイラガとかムカデなんかもあるみたい。

アシナガバチは低いポジションに営巣するヤツがいるから
草刈りなどではほんと要注意ですよね。
では、着弾後にメールしま〜す!

投稿: ぐりお | 2012年5月20日 (日) 00時44分

水苔は2年前ので劣化も激しいので
交換した方がいいでーす。

私もそろそろ植え替えをしなくては・・・・・・。
用土代って結構かかりますよね。(--;)

明日21日の午前中に到着予定です。
ゆーパックで送ったよ。

投稿: こー | 2012年5月20日 (日) 09時51分

こーさんどうもです!
了解、すぐに素焼き鉢&フレッシュミズゴケ&腰水で
対処いたします。
ミズゴケは結局いいものってことになると、高いですよねー。
その辺で売ってるヤツだと痩せてて劣化が早く、
酸性もやたら強いですから・・・
一度ニュージーランドの良いものに出くわしたら、もう使えませんですね。
でも、あちらでも徐々に不作&不足気味だとか・・・
私もそろそろ在庫が尽きるので次を探さねば・・・

今年はいただいたイリス・メリタがいっぱい咲きました。
ヒツジグサも育ちましたよー。
ハートウェギーだけはなぜか殆ど成長無し。でも枯れる気配も無し。なぜ!?
こーさんブログ再開はまだすかー(笑)
こーさんとのやりとりがないのはちょっとつまんないっす(追笑)

投稿: ぐりお | 2012年5月20日 (日) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/45260785

この記事へのトラックバック一覧です: クヌギに珍客:

« 視界良好! | トップページ | 青いオダマキ、アルピナ »