« 日食見れど写真は玉砕 | トップページ | 仕立て方が分かった! »

モツゴの追い星

一昨日は寒いぞ寒いぞと脅かされ、ホントに寒くて参りました。
昨日は一点7月並みの暑さが来るぞと脅かされていましたが、
これは完全にはずれ。
むしろ今日の方が暑さと少しムシッとした感じでしたね。

池ではゼニタナゴの稚魚が順調に浮出していて、
浮出個体数はもう3桁に届いていると思います。
毎年の事ながら、預かりもののこの魚が無事に繁殖した事がわかると
心底ほっとします。

写真はつい先週まで産卵がピークだったモツゴ。
青黒く光る鱗をまき散らしながら行うオスの繁殖行動も
少し落ち着きを取り戻し、
スイレンの葉の間をゆったりと泳ぐ姿が見られるようになりました。
でも、オスの鼻先には「追い星」と呼ばれる繁殖期に発達する
瘤状の斑点がはっきりと残り、アップで見るとなかなか迫力があります。

追い星はコイ科の魚で繁殖期によく発達し、タナゴ類やオイカワ等でも
目立つマークです。
その機能はまだ良く分からない部分もあるようですが、
オスに特徴的に現れるため、婚姻行動の際にほかのオスを威嚇したり、
メスに対し自分をアピールするのに役立っていると考えられています。
モツゴではオスの鱗の輪郭がくっきり強調されるのと同調して現れ、
上からしか覗く事が出来ない池でもよく目立ちます。

モツゴって上から見ると口の先端が四角いので、
追い星が加わって迫力を増すと何だか鯉のぼりみたいです。
「5月のモツゴはコイ以上に鯉のぼりっぽい!」って感じです(笑)
別名の「クチボソ」が似合わない雄々しい姿だと思います。

Motsugo1205


|

« 日食見れど写真は玉砕 | トップページ | 仕立て方が分かった! »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
特に確認した訳じゃなかったんですが、
私、今までモツゴとクチボソって全く別種だと思ってましたぁ。

大学の時、ワニガメやマタマタってカメを飼ってまして、
近くの沼に餌としてモツゴやタイリクバラタナゴを採取に行ってたんですよぉ。

投稿: こー | 2012年5月26日 (土) 14時57分

こーさんこんにちはです!
ワニガメとかマタマタというと、魚を捕らえる際に
ミミズのような形の舌を疑似餌よろしくピロピロ動かすんでしたよね。
飼育中にそんな場面を観察できたのでしょうか?
モツゴやタイバラはやっぱり舌の疑似餌に反応するんでしょうか?
いやいや実に興味深いですね。目の前で見てみたいものです。

・・・でも、エサ確保大変でしたね(笑)

投稿: ぐりお | 2012年5月26日 (土) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/45411547

この記事へのトラックバック一覧です: モツゴの追い星:

« 日食見れど写真は玉砕 | トップページ | 仕立て方が分かった! »