« コアカハナムグリ!? | トップページ | 骨のある奴ら »

カンボクも客足鈍く

昨夜の雨は未明のうちに止んで、
午前中は少し太陽が顔を出しました。
相変わらず気温は低めですが・・・

庭の低木の白い花リレーも半ばを過ぎ、
イボタもエゴノキもガマズミも咲き終わり、
今はクリとカンボクが咲いています。
カンボクはガマズミと同じスイカズラ科の低木ですが、
ガマズミそっくりの総状花序の小花の周囲を、大きな装飾花が囲みます。
一見ガクアジサイっぽく見えますね。
山に行くと見られるムシカリ(オオカメノキ)と同じタイプです。

この花も訪花性昆虫に人気の花なのですが、
やっぱり今年は客足が鈍い様です。
写真は今日のカットですが、
訪れているのはヒラタハナムグリが2匹、これだけです。
よ〜く見るとコハナグモも1匹隠れているのですが、
ヒラタハナムグリは彼が期待している訪問客ではないようです。

どうしてこんなに昆虫の影が少ないのかは分かりませんが、
ここまで最高気温がかなり低めだったことと、
冬の寒さが長く厳しかった事が関係しているかもしれません。

昨年はこの時期すでにツマグロヒョウモンの最初の成虫が沢山いましたが、
今年はこれもかなり少ないです。
低温で遅れているだけかもしれませんが、
もともと南方系で近年北上して来たツマグロヒョウモンのことですから、
あの冬の寒さで越冬できずに死んでしまった個体の割合が
高まったのかもしれません。

しかし、今は梅雨寒でもこれが過ぎれば
容赦ない夏の暑さが来るのは確かでしょう。
その時に昆虫たちの勢いが盛り返すのかどうか、
注意深く見守りたいと思います。

Kanboku1206

|

« コアカハナムグリ!? | トップページ | 骨のある奴ら »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/45629669

この記事へのトラックバック一覧です: カンボクも客足鈍く:

« コアカハナムグリ!? | トップページ | 骨のある奴ら »