« 月夜の群れ穂 | トップページ | ゲソ点打ってます(笑) »

夏トンボのシーズン到来

西日本は大雨、こちらは時折強い日射しが射すものの、
風が妙にヒンヤリしています。
それでもやっとこさ季節は進み、
いろいろな昆虫が賑やかになってきました。

我が家の玄関前には池の排水路の終末があり、
適当に抽水植物を植えているため、
夏場は定番の数種類のトンボが常に見られます。
具体的にはショウジョウトンボ、シオカラトンボ、オオシオカラトンボ
がその代表格なのですが、中でも最初に姿を見せるオオシオカラトンボが
1〜2週間前から羽化を始めました。

写真がそのオオシオカラトンボのオス。
シオカラトンボよりも濃いブルーをしていますが、
後翅の付け根と複眼が黒い点でもシオカラトンボと見分けられます。
腹部の横幅も本種の方が少し広めに見えるかな。
メスの方もシオカラトンボ(のメス)と同じ黄色と黒ですが、
やはりより濃くてハッキリした黄色と黒の模様です。
出現期の多くはシオカラトンボと重なりますが
オオシオカラトンボの方が早く現れ、早く姿を消します。

これとほぼ同時期から飛び始めるのがショウジョウトンボで、
やはり池や水路で羽化が始まっていますが、
まだ若い個体特有の薄オレンジ色をしたものがほとんどで、
名前に象徴される成熟したまっ赤な個体は数えるほどしかいません。
このショウジョウトンボがまっ赤になるのももう間もなくで、
赤と青の激しい空中戦が連日繰り広げられます。
夏トンボのシーズン、いよいよ到来です。

Ooshiokara_osu1206

|

« 月夜の群れ穂 | トップページ | ゲソ点打ってます(笑) »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。
トンボの記事、待ってました!
僕は9日に雪入山で昆虫観察会に参加した時にこの2種を見ました。曇り時々雨で気温も上がらなくてあまり虫は飛ばなかったのですが、頂上の池で羽化したばかりの個体を発見!翅がキラキラ輝いてとても綺麗でした。ショウジョウトンボはまだ見ていません。
トンボの記事楽しみにしています。

投稿: かぶと小僧 | 2012年6月24日 (日) 20時05分

かぶと小僧さんこんばんは!
そうですか、すでに9日に・・・さすがですね。
今年は今まで低温傾向なせいか、我が家でのトンボの羽化も
やはりちょっと遅れ気味に感じます。
シオカラトンボももう羽化しているのですが、彼等は羽化後に
一旦拡散しますね。
しばらくしてまたやって来ますが、
それがうちで生まれた個体なのか、別のものが結果的に来たのかは
興味があるのですがわかりません。
いずれにしても、間もなくこの3種で庭が賑やかになります。

そういえばここ数年は、以前に比べウスバキトンボを
あまり見なくなりました。
去年なんか結局見なかったんじゃないかなー・・・
そちらではどうでしょうか?

投稿: ぐりお | 2012年6月24日 (日) 23時24分

こんばんは。いつもありがとうございます。
ウスバキトンボは三郷でも水元公園でも見たことないです。水元公園に記録があるか今度確認しておきます。
博物館の「トンボ博士になろう」かH先生の観察会の時には採集したと思いますが、それが去年どうだったかは思い出せないんです。妹が記録を持っているかもしれないので聞いておきます。妹は何でも片っ端からメモに書いてますから。

投稿: かぶと小僧 | 2012年6月25日 (月) 23時31分

かぶと小僧さんこんばんは!
そうですか、水元公園あたりは
いかにも出現しそうな気もするんですけどね。
なぜかわからないのですが、ここ数年はあまり見ていないし,
ほかの方のお話でもやはり見かけなくなったという声を聞いています。
とくに冬が寒かった今年は、
普段越冬できるところでも死滅した可能性が高いので
北上のスタート地点がより南西となり、
こちらに辿り着くのが遅いかもしれませんね。

赤トンボさんは記録魔なのですね。素晴らしい!!
記録はその時の知識や経験にもなりますが、
あとで威力を発揮することが少なくないですよね。
私も見習わなくては!

投稿: ぐりお | 2012年6月26日 (火) 01時08分

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。
水元公園のウスバキトンボのことですが、水元公園かわせみの里ネイチャーセンターの専門員の先生に聞いたのですが、記録は確かにあるそうです。標本も写真も残っていると言ってましたが、ここしばらくは見ていないそうです。その先生が赴任してから6~7年は1度も見てないとのことでした。
去年の博物館野外の観察会では確認されていました。妹のメモに書いてありました。
いずれオオキトンボのように幻になってしまうのでしょうか?
明日~明後日は貝展の展示の手伝いがあるのですが、僕は試験前なのでパスしようと思ってます。

投稿: かぶと小僧 | 2012年6月29日 (金) 20時19分

かぶと小僧さんこんばんは!
う〜ん・・・やはりウスバキは減少傾向なのかなあ。
10年くらい前までは西から辿り着いたウスバキで
初夏の空が覆われる様な光景さえあったのに・・・
まあ、少し気を付けてみてみたいと思います。
かぶと小僧さんも何か気付いたら教えて下さい。
アキアカネは一時期よりは復活したように思いますので、
また今後変化があるかもしれません。
妹さんのメモはバッチリ役立ちましたね。さすが!!とお伝え下さい。

試験・・・がんばらなくちゃですね。
終わると少し試験休みがあるのでしょうか。
I先生、企画展間近でかなりテンション上がっていました。
作業も大詰めで相当大変なのだと思います。
私もイカの解剖図が大変でしたが、先日ようやく上がりました。

投稿: ぐりお | 2012年6月30日 (土) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/45832830

この記事へのトラックバック一覧です: 夏トンボのシーズン到来:

« 月夜の群れ穂 | トップページ | ゲソ点打ってます(笑) »