« 一瞬・・・でした | トップページ | コアカハナムグリ!? »

初夏の金銀

Suikazura2012

今日はこの時期らしい気温でしたが、
当初予想されていたほどの暑さにはならず、当地の最高気温は25℃。
それでもやはり日射しは強烈だし、
夕方らしさが午後7時を回っても残っています。

暇があったら近くの雑木林に
夕方のシジミチョウ観察にでも行きたいところですが、
なぜか不思議とこの時期って、動きが自由になりません。
夕食前に池のヘイケボタルをカウントするのが
癒しのひとときになっています(笑)

上の写真は庭のスイカズラです。
この株を含め庭で3株が開花していますが、いずれも植えた訳ではなく
鳥が運んで来た種子が発芽、成長したものです。
花色が白と黄色の2色見えるでしょう。
じつはスイカズラは開花初日が真っ白。翌日には黄色に変身するんです。
従って開花期には開花日が異なる2色の花が混在することになり、
これが故に別名を金銀花と称します。

花の世界では黄色を「金」白を「銀」となぞらえる例が多く見られますが
スイカズラのように同じ株に金銀が両立している例はさほど多くありません。
我が家の庭だと、もう少し早い時期に咲く同じスイカズラ科の
ヒョウタンボクが、よく似た2色の花を織り交ぜて開花します。
庭ではほかにもガマズミやカンボクといったスイカズラ科の花が
開花中ですが、これらは色変わりする事の無い白い花です。

色変わりと言えば、遺伝的な色変わりの花もちょうど今開花中です。
下の写真は池の排水路にあるキショウブの群落ですが、
中に1本だけ、純白の花を付ける株が存在します。
こちらは黄色い色素が抜けた遺伝的な色変わりで、
明るい黄色の中に一輪だけ咲いているのでやたらと目立ちます。
なかなかきれいなものだと思いますが、
白花の株だけ分けて植えたら案外何ちゅうこと無い印象かも知れませんね。
でも、2色が揃っているとやっぱりこれも「金銀」・・・と、
縁起の良さそうな事を言ってみたくなります(笑)

Kishobu_alba_2012

|

« 一瞬・・・でした | トップページ | コアカハナムグリ!? »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/45569785

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の金銀:

« 一瞬・・・でした | トップページ | コアカハナムグリ!? »