« 飛び交う赤と青 | トップページ | その後も健闘中 »

ブッドレアのお祭り

Buddorea1207

ここ数日、強い南西の風が昼夜を問わず吹き続けています。
九州の大雨がエラい事ですね。
もともと豪雨は決して少ない地域ではないのですが
それでもすでに死者数が20人とは、
いかに想定以上・経験以上の豪雨であったのかを
物語っているように思われます。
これ以上の人的被害が内容に祈りますが、今後まだ相当な雨量が
予想されていますから土砂崩れ等の被害は避けられないかもしれません。
避難も辛いことでしょうが、
せめて生命の危険だけは回避して欲しいと思います。

当地は風が吹きつけるも蒸し暑く、気まぐれなどしゃ降りが夜中に
急襲しますが、トータルの雨量は全く大した事はありません。
鉢植えの植物等見ていると、時々降る雨で潤うよりも
随時吹き続ける風で蒸発する量の方がまさっている感じです。

写真は玄関前のブッドレアにやって来るチョウたちです。
数日前の午前9時過ぎ、ワッとチョウたちで賑わいました。
どういう条件の時にそうなるのかまだつかみ切れていないのですが、
時々種類も数もものすごく多い、
ブッドレアがお祭り状態になる時ってあるんですよね〜。
でも、それは午後には起きません。必ず午前中。
また、気温が30℃を越える様な暑さの時には見られないようです。
お天気は・・・薄曇りだったこともあるし、
ぴかぴかの晴天だった時もありました。

今回のカットの場合はそれ程の大フィーバーって訳ではありませんでしたが
そこそこ「チョウだらけ感」はありました。
嫌いな人が見たら軽く引いちゃうかもしれません(笑)
写真左上からアゲハ(ナミアゲハ)、キマダラセセリ、
チョウじゃ無いけどウメエダシャク、そしてジャコウアゲハ(オス)。
ジャコウアゲハなメスも庭にヒラヒラしているのですが、
食草のウマノスズクサの周辺からあまり離れようとしません。
産卵の事で頭が一杯なのかも知れませんね。

ブッドレアには他にダイミョウセセリ、イチモンジセセリ、
メスグロヒョウモン、ミドリヒョウモン、キタテハが来ていました。


ブッドレアには他にダイミョウセセリ、イチモンジセセリ、
メスグロヒョウモン、ミドリヒョウモン、キタテハが来ていました。

いつもはブッドレアではあまり見かけないのですが、
この日は低木の白い花でお馴染みのコアオハナムグリや
ベニカミキリ(写真下)も来ていました。
やはり今年は白い花のピークと成虫の活動期が
うまく重ならなかったのかもしれません。

ブッドレアはまだまだ蕾があるし、切り戻して返り咲きもしますから
しばらくはチョウたちを楽しめそうです。

Buddorea_benikamikiri

|

« 飛び交う赤と青 | トップページ | その後も健闘中 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/46325525

この記事へのトラックバック一覧です: ブッドレアのお祭り:

« 飛び交う赤と青 | トップページ | その後も健闘中 »