« おおっ!燃費が・・・ | トップページ | やってみ!(笑) »

池の晩夏2012


Ike2012banka

今日も当地は概ね晴れ。気温は35℃に達しました。
明日も同じ様な予報です。
もし明日も予報通りであれば、
8月は6日に降った雨が唯一の降水ということになりますか。
何度も書いていますが、その前の雨が7月12日ですからね〜・・・

今朝も庭でクマゼミが鳴きました。このまま定着するのでしょうか。
そういえばクマゼミもさることながら、
今年はミンミンゼミの個体数がとても多いように感じます。
当地でミンミンゼミというと別に珍しいセミではありませんが
アブラゼミにくらべると個体数は多くありません。
でも、今年は良い勝負と言えるほど、
市内のどこに行ってもミンミンとたくさん鳴いています。

写真は池の定点撮影。晴れるとコントラストがキツくて
木の葉が白飛びしてしまうので、太陽に雲がかかった瞬間に撮影しました。
樹木も池の水生植物もなんだかぼうぼうのもじゃもじゃですね(笑)

池畔では乾燥からクヌギの樹液の出方が非常に悪くなっています。
今日現在でまだ虫が集まるクヌギはとうとう2本だけになってしまいました。
集まっている虫も少数のカナブンとクロカナブン、
そして夕方以降はそれこそうじゃうじゃと言って良いほどのコクワガタ。
カブトムシやノコギリクワガタはパタリと来なくなりました。
これらの昆虫、今年は7月前半までの低温で出てくるのが遅かったのですが、
その後の猛暑で急激にピークを迎えました。
どうやら発生期が短期間に集中し、出るのが遅く減るのが早かった感じです。

池のイトトンボにちょっとした変化が見られました。
モートンイトトンボとクロイトトンボが登場し、
アジアイトトンボはちょっと少なめでした。
今年だけの事なのか、今後注視したいと思っています。

毎日の暑さは一向に衰えませんが、
池の中ではゼニタナゴのメスのお腹が少し膨らんで来ています。
オスの婚姻色はまだ出ていませんが、魚の世界はちょっと秋めいて来ました。

この時期になると昼間のセミに負けない位、
夜の虫の音も盛り上がって来ます。
エンマコオロギはすでに全盛。今年は早かったです。
ツヅレサセコオロギやミツカドコオロギも沢山鳴いています。
クヌギの周りではスズムシ、その樹上ではカネタタキやハヤシノウマオイが
それぞれのビートを刻んでいます。
どうしたことか、例年ならもう大合唱となるアオマツムシが
今年はようやく鳴き始めたところで、数を増やすまでには
もうちょっと時間が掛かりそうな気配・・・
7月までの低温と、その後の少雨が関係しているのかもしれません。

|

« おおっ!燃費が・・・ | トップページ | やってみ!(笑) »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/46890316

この記事へのトラックバック一覧です: 池の晩夏2012:

« おおっ!燃費が・・・ | トップページ | やってみ!(笑) »