« マイマイ飼育・・・ | トップページ | ヤマガラに異変! »

緑色の蜘蛛2

タイトルに2と付けましたけど、1がいつだったのか定かでない・・・(笑)

でも、確かに以前書いていた筈です。

その時はアオオニグモのことだったかな。

今回の緑色のクモは、やはり同じオニグモグループのクモで、

ワキグロサツマノミダマシっていいます。長いですね。

漢字で書くと「脇黒薩摩の実騙し」。

ワキグロのワキはまあるい腹部の側面(=ワキ)ということで、

ここが黒くないサツマノミダマシという近縁種のクモがいるので

それに対しての区別点が本種のネーミングに用いられたということです。

サツマノミとは「薩摩の実」で、ハゼノキの実の事なのですが、

別にハゼノキを「薩摩の木」って言う訳じゃないんですよね〜。

あくまでも「薩摩の実」で一体のものとしてハゼノキの実を指します。

ダマシ・・・は「騙し」。薩摩の実に掛かっています。

では何が「薩摩の実騙し」なのかというと、やはりこのクモの腹部の事です。

美しい緑色をしたぷっくりと長丸いこのクモの腹部は

確かに青いハゼノキの実に似ていない事もない・・・てな訳です。

さっきもチラッと書きましたが、腹部の側面の下半分が黒いのが本種で、

上半分とはちょっと違う緑色をしているのが

近縁種のサツマノミダマシという事になります。

どちらもよく似た環境で見られますが、当地ではワキグロの方が多いかな。

写真ではちょっと見えにくい角度ですが、

腹部の黒い部分がちょっとだけ見えています。

このワキグロサツマノミダマシも、ほかの多くのオニグモたち同様、

夕方に網を張って朝には回収して片付け、

日中は近くの葉陰などに塒を設けて潜り込んで隠れているのですが、

秋になって気温が下がり始めるとあまり積極的に網を片付けなくなります。

そのお陰で寝坊の私でもこうして朝の明るい状況で

このクモの写真が撮れるのですが、

まあそれだけ秋も深まって来たということでしょう。

おそらくあと少しで産卵して、活動を終了するのでしょうが、

そういえばこのクモの産卵や卵嚢は見た事がありません。

ちょうど玄関の正面で見やすいところにいるので、

今年はちょっとこの個体に注目してみる事にします。

Wakiguro1210

|

« マイマイ飼育・・・ | トップページ | ヤマガラに異変! »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは。
 やっと過ごしやすくなりましたが、夏から秋への移行が急激過ぎてちょっと季節の進行が速すぎるような気も。そちらではもう肌寒いくらいでしょうか。皆様風邪ひかないように気を付けてくださいませ。秋の花粉症も要注意ですね。
 ところで最近お気に入りなのが、我が家のお手洗いのアダンソンハエトリ。くっきりしたモノクロコスチュームがとてもダンディーです。場所が場所だけにほんとにプチタイムなんですがA^^;)見飽きません。というのも、ステンレス製のタオルかけに映り込んだ正面からの自分の姿に対して果敢に威嚇行動?のようなことを繰り返す一方、自分の足下に映り込んだ姿に関しては無関心みたいで。クモの視界ってどうなってるんでしょうか。また、アプローチをするということは、テリトリー意識を持ち、相手が同じくクモであると判断できるということなんでしょうか。あるいは餌に対しての反応なんでしょうか。あのクリクリした目、結構魅力的ですね。
 ちなみに、日曜日久々にお寺に行きます。ダイセンまだ老け込むには早すぎるじょ~。相方いたらもっとお元気かなと。みつけられるかどうかわかりませんし、マンションの住人が増えてご迷惑でしたらお送りしませんので、またご連絡させていただきます。頑張り屋のトクサンの方は勿論是非ともよろしくな欲張りなくわでんでした。

投稿: くわでん | 2012年10月 6日 (土) 00時23分

くわでんさんこんばんは!
白黒のアダンソンとあらば男の子ですね。
当地ではあまり見かけない種類です。
同属のデーニッツはたまに見かけますが。
ハエトリグモは目と仕草ですよねー。ほんとに飽きません。
動くものにはじつによく反応しますね。
先日、水槽内をちょこちょこ泳ぐメダカの稚魚を
ガラスの外に貼り付いたミスジのオスが追いかけてました(笑)

もうご存知かもしれませんが、ハエトリグモの画像を堪能するなら
下記のサイトがおすすめです。写真が素晴らしくて
管理人さんのハエトリグモへの愛が強く伝わってきますよ。
さすがデザイナーさんだけあってサイト自体のセンスも抜群です。

http://www.bltz.jp/jspg/index.html

ダイセンさんはいたら相方にお願いしますね。
うちのご隠居はスタンダードより少し薄めの色殻なので、
出来れば少し濃いのがいるとお似合いかもしれません。
トクさんは温度保証さえできれば丈夫ですよ。
後悔するほど殖えるし・・・(笑)
ジュニアサイズでよろしければ今すぐでも可能です。

投稿: ぐりお | 2012年10月 7日 (日) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/47323149

この記事へのトラックバック一覧です: 緑色の蜘蛛2:

« マイマイ飼育・・・ | トップページ | ヤマガラに異変! »