« 今日は「オオ」の勝ち | トップページ | 緑の「コ」 »

出店は場所で6割

Nagakogane_up1210
 

天高く ジョロウグモ肥ゆる秋・・・字余り(笑)

失礼しました。

この時期ジョロウグモは調子の良い個体ほど高い梢に大きく網を張り、

アカネ類やチョウをバンバン捕らえ、ますます肥える。

一方不景気なヤツは今いちシケた場所に網を張って

時折ひっ掛かるヒラタアブかなんかで飢えをしのぐも

人が通る度に網を壊されその都度張り直し・・・

勝ち組負け組みというのも今更な表現ですが

二極化という現象は何も人間社会だけのものじゃないようです。

上の写真はジョロウグモではなくナガコガネグモ。

ジョロウグモより一足早く大きく育つクモですが、

写真のこの個体は他の成熟した個体に比べふた回りほど小振りです。

一ヶ月ほど前から注目している個体なんですが、

どうもこう・・・場所選びのセンスが今ひとつ(笑)

しかしこの度新しい場所に出店し、ここはなかなかヒットだったようです。

連日目にする糸を絡めて包んだエサにありつく姿は、

他の大きな個体同様にイキイキしています。

しわっぽくやせ細っていた腹部も、まだパンパンとは言えませんが

だいぶ本来の長楕円形になってきました。

お店は出店場所で6割方結果が決まると言われています。

・・・というか割合には諸説ありますが、

6割という表現はその中でも少なく見積もった方です。

今回この個体が出店したのは下の写真のようなロケーション。

なるほど、ここならバックにエゾノコンギクが沢山咲いていて

これからの時期、少ない蜜源を求めて昆虫が集まりますね。

これからの追い込みでどれだけ充実した体格となり、

産卵する事ができるでしょうか。深まる秋と競争です。

 

Nagakogane_basho

|

« 今日は「オオ」の勝ち | トップページ | 緑の「コ」 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ジョロウグモ、出会うと身を引きたくなる。迫力ですね。
私も先日、緑地公園で木漏れ日に輝く蜘蛛の巣に出会いました。
蜘蛛は小さな奴でしたが蜘蛛の巣(網)が、人の指紋の様に見えました。
写真はブログに載せています。蜘蛛の種類は分かりません。

投稿: 筑波山が見える町 | 2012年10月20日 (土) 20時47分

筑波山が見える町さんこんばんは!
先ほど記事を拝見してコメ入れさせていただきました。
多分ジョロウグモです。
秋はトンボのイメージが強いですが、他にもクモとカメムシが目立つ季節です。
あと、このところ雨が多いので、キノコもいろいろ・・・
明日は私も、雑木林の秋を楽しもうと思っています。

投稿: ぐりお | 2012年10月21日 (日) 01時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/47514990

この記事へのトラックバック一覧です: 出店は場所で6割:

« 今日は「オオ」の勝ち | トップページ | 緑の「コ」 »