« これから嵐? | トップページ | 輻射熱 »

城跡ゆえ?

Koike_torikabuto1210

去る日曜日に野草観察会を行った阿見町の小池城址公園では、

トリカブトの花が見ごろを迎えていました。

このトリカブト、じつはまだちゃんと名前を調べていません。

ヤマトリカブトかツクバトリカブトでいいはずなのですが、

私自身がいろいろな両種の区別点に納得できていない点があり、

正直なんとも言えないのです(笑)

だから観察会では「とりあえずヤマトリカブトって言う事にしときましょ」

・・・ってごまかしてます(追笑)

下小池城の跡地に広がる雑木林のこの公園には

あちこちにトリカブトが自生していますが、

上の写真のようにまとまって咲いているところは3カ所。

そのうちの2カ所で紫色の花が弓なりにしなった茎に

沢山咲いているのが見られました。

残る一カ所は今年はちょうど草刈りを行ってしまったため、

きれいに刈り取られて姿が見えませんでした。

でも、大丈夫。長年にわたって栄養を蓄えた地下茎が

ちゃんと来年の準備をしている筈です。

それに、そういうかく乱がたまにあると、

翌春には主旨から発芽した小さな実生たちが、

ジャンプアップするチャンスになります。

だから毎年場所を変えて丁寧な草刈りをし、

同じ場所が数年に一度きれいに草刈りされるのは、

放置されてアズマネザサがぼうぼうに繁茂するよりずっと良い事です。

ところで、古城の跡にトリカブトの群生が見られる・・・という話は

時折耳にします。以前この小池城址公園で歴史の話を伺った際にも

やはりそういう話が出て来ました。

そう、矢毒に使うため、

人為的にトリカブトを植えていたのでは?という事です。

どうなのでしょうね。

それが本当なら、あちこちにある城跡に

もっとトリカブトが咲いていても良さそうな気もするのですが・・・

城跡の中で、その後の土地利用がトリカブトの生育に向いていたから

適地生育の結果としてみられる様な気もしなくもない・・・

でも、城跡のトリカブトにそんな戦国史的な背景があったら、

それはそれでロマンをかき立てられますよね。

それにしても、ひっそりと木陰に群れ咲くトリカブトは

城跡が似合う美しい紫色をしていました。

 

Torikabuto_up1210

|

« これから嵐? | トップページ | 輻射熱 »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

こんばんは お久しぶりです。

私の住んでいる近くでも城跡公園が整備され、今年の春には下草刈りがされた斜面に非常にたくさんのトリカブトの自生が確認されました。
おそらく、このあたりでは一番大きな群落であろうと開花を楽しみにしていたのですが、先日出かけてみたところ、残念ながら管理している地元の団地の方々に有毒植物で危険であるとのことで、綺麗に刈り取られてしまったようです。とっても残念!!。

以前、牛久自然観察の森に自生しているトリカブトについて、茨城県の植物の権威であるS先生に調べていただいたところ、葉の3深裂の特徴などからツクバトリカブトに間違いないとのことでした。
今回、近所の城址公園に自生していたものも、葉がほぼ基部まで3つに裂け、更に左右の裂片も深く裂けている特徴や裂片の幅が狭いことなどから、種類についてはおそらくツクバトリカブトだと思います。
小池城址公園のものも、写真を拡大してみた感じでは葉の特徴などがツクバトリカブトのように思えます。上記2産地との距離関係からしても同一種が分布している可能性が高いと思います。

投稿: らくだむし | 2012年10月27日 (土) 00時31分

らくだむしさんこんばんは!
非常に参考になるコメント有り難うございます。
S先生の見解は私も聞いています。
ただそれでもまだ自分の中ではしっくり来なくて・・・(笑)

ヤマトリカブトにも、完全に3裂して端の2つはさらに2裂する・・・という
ツクバの見分けポイントとされる株に相当するタイプがあります。
またヤマトリカブトに比べてツクバは距の巻きが弱く太いとされていますが、
小池にはよく巻いたスリムな距の株が存在します。
ツクバは名前が限定的な割に広域分布種なので、ツクバでいいんだろうと
内心は思っているのですが、

観察の森や●城址のものが小池と同種であるのは疑わずとも良いと思いますが
どうも自分で納得しきれていないものを人に言うのは
ちょっと落ち着かないというか・・・まあ、性分です(笑)
やはり今度からツクバって言う事にしますかね(追笑)

ところで、有毒植物だからって・・・ひっでーなー
その旨警告表示すればいいでしょうに。だれか採って食うんかい!?
みんな気にしていないけど、お庭に植えられてるディルフィニウムだって、
じつはアコニタム(トリカブト属)のすぐお隣さんの属で
けっこう強いアルカロイドがあるんですけど・・・
リスク排除よりリスク理解が大事ですよね〜。
必ず排除されている前提なんて無いのだから・・・

投稿: ぐりお | 2012年10月27日 (土) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/47590473

この記事へのトラックバック一覧です: 城跡ゆえ?:

« これから嵐? | トップページ | 輻射熱 »