« 今年のトリは難工事2 | トップページ | 今年のトリは難工事4 »

今年のトリは難工事3

今日は12年12月12日。

イチニーイチニーイチニーと、大変テンポがよろしい(笑)

元号表示でも241212と、

ちょうど12の倍数の24ですから安定感がありますね。

この際年末ジャンボを買おうかとも思ったのですが、

夢にヘビさんが出て来ないのでやめました。

個人的に金運生物のヘビが登場したら買おうと思っているのですが、

なかなか都合よく出て来てくれませんねえ(笑)

さて、大量の堆積泥に阻まれた小町の水車池工事は

非常に難しい局面に差し掛かりました。

この泥、やたら滑らかに軟らかくて、

寄せても積んでも何となく元に戻ってしまいます。

この感じ、不思議と懐かしい・・・どうしてだろうと思って考えたのですが

これはアレですね。かつて中学高校の一時期を過ごした佐賀県で体験した

有明海の干潟に非常によく似ています(笑)

潟スキーがあれば取り回しが楽だろうな〜

しかし、干潟に構造物を建設するのは大変です。

とりあえずバケット一杯分の小粒の砕石を島の設置部分に投入して

泥を押し出して安定基盤を作る事にしました。

そして泥の下に存在する山砂の層は結構しっかりと締まっているので

あえてさらう事はせず、これはそのまま生かす事に。

そうすれば底面に埋め込まれた玉石の間を埋めてフラットにもできます。

 

Komachi_renguisetchi

 

上の写真は一番大きな植栽帯を設置した状況です。

実際はここまでに至る泥との格闘がすごーく大変でした。

この作業を進める段階で余白に排出された泥は

高さ60センチにまで達していますが、写真だとよくわかりませんね。

 

Komachi_saiseki

 

上の写真は砕石と大栗石で池の底を上げ、

せせらぎになる部分の基盤を仕上げたところです。

せせらぎ部を単調にしないように配置する小さな植栽帯2つも出来ました。

下の写真は植栽帯に湿生植物の栽培用土を入れ、初期植栽を施したところ。

大きい植栽帯にはネコヤナギ2本の挿し木苗とサギソウの球根を植え、

表面はハイゴケ貼りの仕上げです。

小さい植栽帯にはそれぞれミソハギとサクラタデをメインとし

サギソウとセリを適宜混植してあります。

ここまで来れば工事のほとんどは終わりですが、

水を張る前に多少なりとも泥を除去するしかありません。

これは完全に予定外の作業ですが、池の水質を悪化させないためにも

大サービスで(笑)ある程度の泥清掃を行うことにしました。

これが済んだらいよいよ水を張ります。         (つづく)

 

Komachi_kanryou

|

« 今年のトリは難工事2 | トップページ | 今年のトリは難工事4 »

MY WORKS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/48304277

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のトリは難工事3:

« 今年のトリは難工事2 | トップページ | 今年のトリは難工事4 »