« プチ野焼き | トップページ | ハブタエギセルの身体測定 »

毛のあるマイマイ2

 

Biroudo_up01
 

前回に続きカタツムリネタです〜。

タイトルに「2」と付いていますが、2種類目が登場するという訳ではなく

話題の主は前回と同じビロウドマイマイ君です。

寒いのによく活動するこのマイマイ、

今日はウサギさん用のウエハースにかじりついてゴキゲンな様子。

さて、前回の時に予告した通り、

今回はこのビロウドマイマイの名の由来ともなっている「殻皮の毛」を

じっくり見てみたいと思います。

上の写真だと言われてみれば短い毛みたいなのがあるのかな〜・・・

程度にしか見えないと思いますが、ちょいと近寄ってみると下の写真の通り、

殻の表面が何やら尋常でないパターンで被われているのが分かります。

毛というよりは、何だかヤスリみたいにも見えますね。

眼がこっち見てる・・・「何してんのよ」って感じでしょうか(笑)

 

Biroudo_up02

 

さらにアップした画像が下のもの。

これがビロウドマイマイの殻皮の「毛」の正体ですが、

1本1本は案外短くて毛というよりは棘っぽいですね。

そして、直立しているのではなく、みな同じ方向になびくように

曲がっている事がわかります。

 

Biroudo_up03

 

向きは、殻の巻き方向(成長方向)とまったく逆向きでかなり密です。

毛の付け根部分は直立して太いのですが、徐々に曲がりながら細くなり、

先端は約90°〜120°曲がったあたりで尖って終わっています。

この形状や先端の角度、毛の密度などは

ビロウドマイマイの種類によって異なっている様ですよ。

私が時々参考にさせていただいている、「北のフィールドノート」という

↓のサイトを拝見すると、これとは違う形状の毛が存在しています。

http://snowmelt.exblog.jp/11600226/

そうそう、便宜上ビロウドマイマイと書いていますが、

正確にはそういう種類はいなくて、

本来は「ビロウドマイマイの一種」と書くべきところでした。

今回紹介したものは産地、大きさ、毛の形状、臍孔などからみて

カワナビロウドマイマイじゃないかと思うのですが、自信はありません(笑)

もし分かる方がいらしたら教えて下さいませ。

それにしてもなんで毛があるんでしょうね。

ちょっとした雨なら撥水効果があるので殻の防水・防汚かなと思うのですが、

強い雨だとびっしょり濡れているし、

飼育していると結構小さなゴミや毛ぼこりが付きやすいんですよね。

自分の粘液が乾いたヤツもよくくっ付いてなかなかとれません(笑)

とにかく不思議な殻皮です。

|

« プチ野焼き | トップページ | ハブタエギセルの身体測定 »

かたつむり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/48953106

この記事へのトラックバック一覧です: 毛のあるマイマイ2:

« プチ野焼き | トップページ | ハブタエギセルの身体測定 »