« 紅梅130120 | トップページ | 毛のあるマイマイ2 »

プチ野焼き

我が家の庭の一角は芝に覆われています。

この芝はよく庭に植えられるコウライシバではなく、

在来種のシバ・・・いわゆる野シバです。

野シバは高麗芝のように繊細な密生状態にはなりませんが、

病虫害に強いため、日当りさえ良ければ徐々に勢力を拡大して広がります。

野シバの良いところは在来の多くの草はらの野草と仲良くできること。

ススキやノギク類やワレモコウ、オミナエシ、日なたを好むスミレ類などは

なかなか良い取り合わせで、見ていると

「こんな草っぱらが昔はあちこちにあったよなあ・・・」と

懐かしくなります。

逆に困ったところは冬は枯れた葉が靴の底にくっついて、

玄関も勝手口も枯れ芝が散らかってしまう事。

特に子どもが毎日通学用の自転車を止めるところと玄関の往復で

冬場はいつも毎日玄関掃除が大変です。

なので昔の草はらの管理に習い、ちょいと野焼きをしてみました。

まあ難しい事を言うとたき火の禁止や

放射性物質に留意した管理等の問題があるのですが、

個人の土地のごく限られた部分なので、

実験的な試みという事で安全面に充分注意して敢行。

空気が良く乾いたタイミングだったので、一カ所に点火しただけで

水を撒いて設けた防火帯まで、じつに気持ちよく燃えてくれました。

燃えかすの灰や炭になった部分は軽いのですぐに風で飛んでしまいますが

野焼きの後で全体に一度水撒きすればOKです。

焼いた一カ所にカタツムリの殻がまとまって見つかりました。

今まで枯れ芝に隠れて見えなかったのですが、狭い範囲に全部で11個。

種類はウスカワマイマイ、ニッポンマイマイ、ミスジマイマイの3種類で、

ミスジマイマイは2個だけ、いずれも幼貝でした。

これは野焼きで焼け死んだという訳ではなく、

殻だけになってすでにかなりの時間が経過しているようでしたが、

どうして集まって見つかったのかは不明です。

もしかしたら夏の乾燥や暑さに耐えるため

条件の良いところに集まっていたけれど、

やっぱりダメでした・・・みたいな?かもしれませんね。

写真だと中央のものがミスジマイマイで、左のものがニッポンマイマイ、

あとの2つはウスカワマイマイです。

ひょっとすると庭のこのあたりはカタツムリの密度が高いのかもしれません。

春以降、注意してみてみようと思います。

 

Noyaki1301

|

« 紅梅130120 | トップページ | 毛のあるマイマイ2 »

かたつむり」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは。またしても大寒波到来とか。そちらでは雪の被害が心配ですね。停電や事故が起きませんように。
 ところで素朴な疑問なんですが・・・。このデムの★殻って、小動物が食害したものとは違うんでしょうか。穴が開いてるから、もしかしたら、ネズミとか鳥とかの巣が近くにあって、そこから放出されたのかな~って。
 今朝カワウが面白い集団採餌行動をしてるのを見かけ、しばらく見ていて会社に遅刻しそうになったくわでんでした。

投稿: くわでん | 2013年1月23日 (水) 21時46分

いつも倅奴がお世話になっております。年末には色々ありがとうございました。また改めて…
焚き火で思い出しました。自分は浅草の住宅密集地で生まれ育ったのですが、冬になると登校班の集合場所で隣のおじさんが焚き火をしてくれるんですよ。ほんの4~5メートルの細い道でですよ。その隣のおじさんのうちは材木屋、そしてうちは当時セルロイドを扱う工場でした。今、思い起こすと恐ろしいですよ。
昭和40年代、ゆる~い時代でした。
カタツムリとは縁がなかったですが、こんなことで食いついてしまいました。

投稿: かぶと親父 | 2013年1月24日 (木) 07時37分

くわでんさんこんばんは!
寒いです〜〜〜〜〜〜!(笑;)
しばらくこの寒さが続くみたいです。おまけに3月まで寒いらしいっすね。
息子が中学校のスキー合宿で新潟に行ってます。
向こうは猛吹雪らしいけど、どうなることやら・・・

さて殻ですが、私もはじめは動物を疑いました。
でも、じつは右端のウスカワマイマイの破片以外は
焼けた時に出来た穴なんですよ。
だから自然死じゃないかなーと思うんですけどねー。
マイマイカブリやオサムシに補食された場合は
殻が大きく壊れることは殆ど無いですしね。

投稿: ぐりお | 2013年1月25日 (金) 17時24分

かぶと親父さんこんばんは!
私、焚き火は文化だと思っています。
正しく火を取り扱うのは、
もっとも人間らしい自然との関わり方のひとつですし、
火と水はコミュニティを生む力を持っていますしね。
道端の焚き火も小さな即席コミュニティですよね。
子どもの頃、通りかかった焚き火で焼き芋や焼き栗を
いただいた思い出もあります。
今の子どもはそういうふれあいのチャンスそのものが無くて
ちょっと可哀想・・・
うっかり道端で焚き火なんかしたら、ろくに口をきいた事も無い近所の人に、
市役所に通報されちゃったりするせちがらい時代です(笑)

でも、材木屋さんの隣?セルロイド・・・・!?
いや、そりゃコワいかも(笑)
まあ・・・・焚き火の規模とやり方にもよるでしょうけどね。

投稿: ぐりお | 2013年1月25日 (金) 17時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/48906045

この記事へのトラックバック一覧です: プチ野焼き:

« 紅梅130120 | トップページ | 毛のあるマイマイ2 »