« お試し開花 | トップページ | 蛙合戦2013 »

ひよべえと競争

庭の花たちが一度にわっと咲き始めたので、

もう毎日花の話題にしても追いつかないくらいです。

しばらくは花の記事がオンパレードになるかもしれません。

昆虫その他は当分おあずけかな〜(笑)

写真は庭に数本が自生しているヤマウグイスカグラの花。

たいてい2つコンビでぶら下がって咲く、スイカズラ科の低木です。

今年も沢山の花がつきましたが、そろそろ満開。

このピンクの星形は、葉が展開する前から咲き出すので

少し離れた場所からでもけっこう目立ちます。

広がり始めたばかりの初々しい葉は、フレッシュな黄緑色の縁を

赤紫がぼかしで彩る細やかなオシャレをしています。

葉が広がり切ってピンとする頃には消えてしまう縁取りです。

その頃になると、花のあとに結実した腋果が少し透き通った

美しい赤に熟します。この実は食べられるのですよ。

酸味がほとんど無くて、ちょっとだけ甘いです。

子どもの頃は面白半分、食い気半分でぱくついたものですが、

今になって思うのは、こういう果実って酸味が一緒にあって

初めて美味しいと感じる様な気がしますが、

これは子どもの頃と味覚が変わったからなのでしょうかね。

まあ、酸いも甘いも乗り越え・・・かな(笑)

しかし、この実がもっとも甘くなる日を見極め、

すかさず持ってくヤツがいます。・・・ヒヨドリひよべえ。

ヤマウグイスカグラを完熟のタイミングで食べるには、

ヤツとの競争に勝利せねばならないのです(笑;)

 

Yamauguisuk1303

 

|

« お試し開花 | トップページ | 蛙合戦2013 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/50999015

この記事へのトラックバック一覧です: ひよべえと競争:

« お試し開花 | トップページ | 蛙合戦2013 »