« チョウチョ飼育中4 | トップページ | うるさい木の花 »

走る花たち

Hotarukazura1305

 

庭の地際に点々と咲く写真の青い花・・・

ムラサキ科の野草、ホタルカズラです。

どちらかというと4月の花ですが、いよいよ最後を飾ろうかという数輪が

まだ元気に愛想を振りまいています。

じつはこの花、走るんですよ。

もちろん花が足を出してタッタカ走る訳じゃなく(コワいですがな:笑)

茎が走るように地面を這って伸び、場合に寄っては一年のうちに

1メートル以上も移動するのです。

我が家のホタルカズラは植えたものではなく自生なのですが、

最初に出て来た場所の近くにコナラの苗を植えました。

最初は仲良く生えていたのですが、数年が経ちコナラが成長すると

ホタルカズラの生育環境は段々暗くなり

どうやらそれが気に入らなかったらしく、スパーンと離れた2方向に

走出枝を伸ばし、どちらもコナラの中心から同じぐらい離れた場所に

翌年の株を設けました。

走出枝や匍匐枝を英語ではランナーといいますが、

まさにその通りだと思います。

こういう現象は他の植物にも見られます。

我が家ではシソ科のラショウモンカズラとオドリコソウが

群落を移動させて互いに段々近づき、

ついに今年は合戦の如く双方入り乱れる形になりました。

多分来年以降はすれ違うようにそれぞれの方向に進むのだと思います。

これは近くのクヌギを1本切ったことで、互いの好み環境が入れ違ったため

このような現象が発生しました。

植物は動物の様に動けないため、沢山の種子を風や鳥に委ねて

新天地に移動する事を企てますが、

種子散布の力が弱く、栄養繁殖に頼っている植物にとっては

ランナーを出す事は必死の生存戦略なのでしょう。

でも、数年で別のポジションに動いちゃう訳ですから

植物のレベルで見たら、まさに高速ランナーと言えるのかもしれませんね。

 

|

« チョウチョ飼育中4 | トップページ | うるさい木の花 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/51735638

この記事へのトラックバック一覧です: 走る花たち:

« チョウチョ飼育中4 | トップページ | うるさい木の花 »