« 森の木陰でヒゲ自慢 | トップページ | チョウチョ飼育中4 »

あらやだ!

Subakohebi

 

またまた先日と同じ森での出来事です。

ホソオビヒゲナガの写真を撮影した場所から数十メートル進んだあたりに

コナラの木に巣箱が掛けてあるのですが、

何気なくその巣箱を見ると入口から変なもんがにゅっと出ています。

「・・・あらやだ!」

それが何であるかはすぐに分かりました。

そして何が起きているのかも・・・(笑;)

まず、巣箱の入口から出ているのはアオダイショウの頭。

こういった巣箱の入口直径は28ミリ程度ですから

そこから推し量ると、さほど大きな個体ではなさそうです。

そしてこの時期、森の木に掛けられた小さな巣箱には小鳥が営巣しています。

平地の里山の場合、おそらくそのほとんどはシジュウカラ。

多分このアオダイショウは中の御馳走・・・つまりはシジュウカラのヒナを

まるっと頂いて一服しているところです。

それも好きで一服しているというより

ヒナを呑み込んでお腹が膨れているので出るに出られない状態なのでしょう。

近づいた私に気付いても、首を引っ込める事ぐらいしか出来ません(笑)

ヘビは大きな獲物を呑み込んだ後、消化するまでの暫くの間・・・時には

一週間以上も同じ場所に留まる事があります。

ここは考えようによってはとても安全な休憩場所ですね。

シジュウカラは一回の営巣で複数のヒナを育てますから

少なく見ても3〜4羽はいたと思います。

大変な御馳走をお腹いっぱいに・・・まさに至福の一時です。

じつは過去にも似た様なケースに遭遇した事があります。

中学生の頃、飼っていたハムスターがやはりゲージ内に侵入した

アオダイショウに呑まれてしまったのです。

ハムスターのゲージは普段自分の部屋に置いてあったのですが、

あまり気温が上がりそうな日には窓の外の軒下につり下げていたのです。

アオダイショウにはまさにこの隙を突かれました。

その日学校から帰宅すると、ゲージ内に2匹いたハムスターの姿は無く、

代わりにとぐろを巻いた大きなアオダイショウがいました。

私は大変なショックを受けましたが、同時に

「コイツはこのあとどれくらいここに留まらざるを得ないんだろうか?」

とも思い、内心このままにしておいてみようかと思っていたのですが、

事態に気付いた私の母がアオダイショウをタタッ殺して

口から中に手を突っ込み、呑まれたハムスターを引きずり出しました。

(こえ〜よ〜!かーちゃんヘビよりこえ〜よ〜っ!!)

まあ無理もない話でしたが、あのとき事後の経緯を観察出来ていたら、

いろいろ今回の参考になっただろうなと思った次第です(笑)

 

Subakohebi_up

|

« 森の木陰でヒゲ自慢 | トップページ | チョウチョ飼育中4 »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

ぐりお先生、こんにちは。

アオダイショウ、お腹いっぱいで幸せそうですね。
ハチミツ食べすぎて出られなくなった「クマのプーさん」を
思い出しました。

そして、ぐりお先生のお母様、素晴らしいです。
グリム童話の「オオカミと七匹の子ヤギ」みたいですね。
さすが、ぐりお先生のお母様だけありますね。
その行動力、見習いたいです。

その、ぐりお少年が飼育していたハムスター君は存命だったんでしょうか。
ちょっと気になっています。

話変わりますが、ぐりお先生のお宅にツバメが巣を作ったことはありますか?
我が家にツバメが来てくれたらいいのにと毎年、思っていますが、
未だ叶わぬ夢です。

どうしたら来てくれるのかなあ。

投稿: マリ | 2013年5月18日 (土) 18時56分

マリさんこんにちは!
何しろ私が小さい頃からこんな(爆)でしたので
うちの母は生き物がらみの武勇伝には事欠きません(笑)
ハムスターは残念ながら絶命でした。
ヘビに呑まれた生き物はわりとすぐ・・・まだ口からはみ出している段階で
絶命してしまいます。要するに窒息死です。

我が家はヘビネタもいろいろあるんですよ〜
ハムスターの件と同じ年、「動くゴキブリホイホイ」という怪現象もありました。
ゴキブリホイホイに掛かったゴキブリを食べようとヘビが頭を突っ込んだため、
このヘビがゴキブリホイホイヘルメットを
かぶって移動する羽目になったというもの。
夜の台所の床をシャーッとすべるように動くゴキブリホイホイには
本当に驚きました。

ツバメねー・・・うちも来て欲しいんですけど、なかなか来ないんですよね。
一説では巣作りに適した環境(軒先等)が10年以上安定してないと
営巣しないとか・・・
うちには数年前から偵察に来るようになっているので
そのうち営巣してくれるのではと期待しています。
軒の梁や柱に巣を安定させるような水平な板を付けたら来たという話も
聞いた事がありますよ。
巣からすぐに往復出来る範囲に巣材となる
泥や水が確保出来る場所がある・・・というのも大事な条件みたいですね。

投稿: ぐりお | 2013年5月19日 (日) 11時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/51677047

この記事へのトラックバック一覧です: あらやだ!:

« 森の木陰でヒゲ自慢 | トップページ | チョウチョ飼育中4 »