« ツインズ! | トップページ | 流呈模式図 »

蒼(っぽい)ですが

晴れても空気がひんやり・・・風が冷たいのですよね。

今年はいつまでたってもこんな日が多いです。

こういう年って、ある日を境にドンと暑くなりそうでコワいですね。

きっとそうなりますよ、やだなあ(笑;)

写真は庭のシラン。マゼンタの色素が無い、青紫の色調の個体・・・

いわゆるセルレアです。

植えた当初は普通のシランにくらべずいぶん小振りでしたが、

年数を経てバルブ数が殖えると、

普通のシランと変わらないサイズになりました。

花茎の本数もぐっと増え、今年は19本、開花輪数も90輪を超えそうです。

気のせいかもしれないですが、気温が低めの年の方が

青味がより強く、濃くなるように思います。

今年の花は誰が見ても通常の紅紫のシランとは違って見えるらしく

いらっしゃるお客様にも「このシランは色が違いますね」と言われます。

確かに色は良く出ているのですが、

蕾の時期に変な冷え込みと強風の日が多かったので、

はじめに咲いた下の方の花がだいぶ傷んでしまいました。

左下にちょっと写ってるヤツなんか可哀想でしょう。

植えている場所が悪いのです。西風が良く抜けるポジションなので・・・

それと、これは花の個性なのですが、

唇弁の付け根よりの本来痛t状になる部分が開いちゃってますね。

下向きの2枚の側萼片のスタイルもいまいち・・・

やっぱり、変異個体特有の劣性遺伝子の表現型として、

多少不完全なのは仕方が無いのでしょうかね。

最近和歌山県で選抜されたセルレアのシランに

「蒼竜(そうりゅう)」という個体名のものがあります。

蒼さは普通のセルレア個体以上の素晴らしさだとか・・・

これもやっぱり花型はいまいちしゃんとしてないみたいですよね。

でも、シランのセルレアも何系統か見出されて来たので、

これら同士、あるいはこれらと花型の良い通常のシランを交配した

かっこいいセルレアもいずれ登場するかもしれませんよ。

もし実現したら、洋ランのセルレアを超える

日本の野生ランの銘品になるでしょうね。楽しみです・・・

 

Shiran_blue2013

|

« ツインズ! | トップページ | 流呈模式図 »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/51882742

この記事へのトラックバック一覧です: 蒼(っぽい)ですが:

« ツインズ! | トップページ | 流呈模式図 »