« 昆虫!それも蛾!! | トップページ | 梅雨空に咲く »

一ヶ月後のツインズ

先月の記事で紹介したクリイロマルテンスギセルの一卵性双子ちゃん、

5月19日生まれなので今ちょうど生後一ヶ月が経過したところです。

ちゃんと成長できるのかというこちらの心配をよそに、

とても元気に育っています。

写真の赤い→がその双子。

ほかの個体に比べると、やはりさすがに小さい・・・

でも、元気いっぱいです。

注目すべきは殻の先端部分(殻頂部)。

殻の幅、一巻きの厚みともに、他の標準的な個体と比較しても、

特に小さいという訳ではありませんね。

・・・ということは、この双子は確かに小さく産まれたのだけれど、

スケール的に体格が小さいのではなく、

単に巻きが少ないだけで、他の個体より少しだけ時間が掛かるけれど、

大きさ的には遜色のない成貝になれるのかもしれませんよ。

卵一つ分の材料を2匹で分けなければならなかった彼等ですが

その分のハンディが時間で埋め合わせ出来るなんて、

なかなか素敵な解決策です。

それにしてもキセルガイの成長って本当に早いです。

ちょうど一ヶ月前はみんなやっと卵の殻から出て来た状態だったのに、

もう3〜4倍のサイズになっています。

夏のうちに成貝になってしまいそうです。

みんなさっきまで小松菜のおひたしを食べていたので

消化器官が透けて緑色に見えていますね(笑)

大きくなれよ〜!目標55ミリ!!

Kurimarutwins130619

|

« 昆虫!それも蛾!! | トップページ | 梅雨空に咲く »

かたつむり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/52119432

この記事へのトラックバック一覧です: 一ヶ月後のツインズ:

« 昆虫!それも蛾!! | トップページ | 梅雨空に咲く »