« 来るか!? | トップページ | オスの挑戦 »

出ないのョ〜

その後、めでたく雷雨はやって来ました。

強い降りはわずか1時間程度でしたが、とりあえず潤いました。

でも、うちの庭的にはちょっと手遅れだったかな〜・・・

もう4〜5日早くこの雨が来てくれたら、

沢山の野草たちが枯れずに済みました。残念!

失った種類は様子を見て補充したいところですが

暫くは様子見です。

そもそも、春から初夏の低温、少雨、酷暑は

ここ数年顕著になりつつある傾向です。

一緒に暮らしたいからと野草を連れて来ても、

可哀想なことになるだけかもしれませんのでね。

さて、少し前に筑波山の麓でライトトラップのイベントをやりました。

その時に種名が出せなかったいくつかの昆虫を

持ち帰って同定していたのですが、写真の蛾だけがどうしても

種名を出せませんでした。

模様が特徴的だし、鱗粉もしっかり残っているまあまあの状態だったので、

こいつは出せると思ったのですけどね〜・・・

使い慣れた保育社の原色蛾類図鑑を手始めに徐々にランクを上げていき、

最後は講談社の大図鑑・・・これは私の手元で閲覧出来る

最新の図鑑なのですが、これをもってしても出ませんでしたー(笑)

写真がヘタクソなので分かりづらいのですが、

なかなかきれいな蛾なのです。

前翅は薄いオリーブグリーンと銅赤色の染め分けで

外寄りにピンクの弓なりの帯と、前縁から付け根寄りにかけて

4つ並んだ箔押しのようなくさび形の白紋がよく目立ちます。

髭唇部や翅形からすると、ヤガ科アツバ亜科のような気がするんですけど

いやいや案外メイガ科っぽいと言われればそんな気もするし、

あっさりトガリバガ科あたりでヒットするかもしれません・・・

う〜ん、でもこの感じはやっぱヤガ科だよなあ〜・・・

それもヨトウ系やコヤガ系じゃないような・・・

あー、すげーマニアックな話になっちゃいましたね。すみません(笑)

でも誰か、知ってたらお助け下さい〜・・・

 

Denaino

|

« 来るか!? | トップページ | オスの挑戦 »

MY WORKS」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは。
 当地久々に雨降りました。7月28日以来、そう、確かあの日は雨が降って気が揉めたんでした。こちらで豪雨被害が報じられるかと思えばあちらでは少雨被害・・・ほんと、まんべんなく慈雨が降り注いでほしいです。
 ところで、今回の蛾、とってもきれいですね~…。
こんなきれいで特徴的な蛾が図鑑に載ってないなんて・・・?
くわでんは時々蛾像掲示板で検索するんですが、
ここでのやり取りを拝見するのがまた楽しくて。
 まだ『出ない』~?ってときは、ぐりおさんのことですから、
こちらは当然チェック済でしょうけど、
ちょっと気晴らしに情報交換してみてはいかがでしょうか。
だんだんマニアックになってきて、ちょろっと立ち寄りのくわでんには
難しくなってきたな~って思いつつも、愛読しています。
この綺麗な蛾の本名判明したら、是非教えてくださいませ。
 今日は当地、市街地(?)にもかかわらず、ミンミンゼミの鳴き声が聞こえ、涼しさ実感した次第でした。

投稿: くわでん | 2013年8月25日 (日) 00時11分

くわでんさんこんばんは!
こちらも数日前から雨が降り、やっと地面が潤っています。
まだまだ足りないですけどね〜・・・

今回の蛾、ご愛顧の蛾類検索サイトでは既に調べ済みなんですが、
画像を投稿して調べてもらうまではやっていません。
これは最最後の手段です(笑)
わかったらどっかで公表しますね。

ところで・・・そうなのっ!?
ええ〜〜〜〜っ、ミンミンゼミで涼しさっっっ!!?
そうですかあ・・・なるほどそちらでメインと言えば
やはりクマゼミの猛烈なシャワシャワ大合唱でしょうから、
それに比べればミンミンも涼しげなのでしょうかね。
というか、市街地にもかかわらず・・・という表記が気になりますね。
ひょっとしてそちらだと通常ミンミンは山のセミですか?

主観的な一般論(←矛盾表現)ですが、関東の人間にとってミンミンは
アブラと双璧をなす、暑苦しい鳴き声なんじゃないかと思います。
セミで涼しさを感じるとしたら・・・やはり夕方に聞こえる
ヒグラシのカナカナ・・・ではないかなあ。
セミにも東西文化の彩りがあって面白いですね。

投稿: ぐりお | 2013年8月25日 (日) 21時57分

 そうなんですよ、くわでんの住んでる辺りだとミンミンゼミは
ちょっと涼しい山のセミ。
というか、くわでんが子供のころはそんなことはなくて、割と普通で
捕まえて嬉しかったのはむしろクマゼミの方でした。
それが町中では殆ど見かけなくなって、夏の終わりの頃
ほんのわずかがちょろっと鳴く程度になりました。
残念ながら、いつ頃からそうなったのかわかりませんが。
なので、ミンミンゼミが鳴くと、どんなに暑くてももう
夏の後ろ姿が見え始めてるなって思うんです。
在京時は、鼓膜が破れそうな気がしたミンミンゼミの鳴き声も
ところ変わると・・・と、自分でもびっくりしてます。
そうそう、少なくとも私が聞く毎夏のセミの初鳴きは
ツクツクホーシなんですよ。
これまた晩夏のイメージがあるかと思いますが。
 暑すぎる夏が去ることにホッとしていますが、やっぱり
なんとも寂しいくわでんでした。

投稿: くわでん | 2013年8月26日 (月) 00時15分

くわでんさん追スレ有り難うございます。
私も思い返してみたんですが、九州の佐賀に居た時は
確かにミンミンはちょい低山帯のセミだったかも・・・
ミンミンが湿潤な土壌を好むのに対して、クマゼミは
やや乾燥気味のより温暖な環境を好む様なので、くわでんさんのところも
ちょっと乾燥したヒートアイランドに移行しているんですかね。

それからツクツクボウシ(←これが標準和名。多分東西の違いなく共通:笑)
ですけど、昔から岡山と長崎は「早鳴き地帯」として知られているんだとか。
くわでんさんのところも岡山に近いから、初夏のツクツクもアリかもですね。
ちなみに最近東北ではアブラゼミが激減し、代わりにツクツクが増えているそうです。
今、セミの世界は鳴き声以上に騒がしいようです。
多分人間のせいですけど(笑;)

投稿: ぐりお | 2013年8月26日 (月) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/52988697

この記事へのトラックバック一覧です: 出ないのョ〜:

« 来るか!? | トップページ | オスの挑戦 »