« 今日はツマグロペア | トップページ | 一年で開花! »

降りて食事の「覚悟」

Harabiro131005

 

なーんかお天気が冴えない一週間でした。

特に昨日今日は暗い雨降りというだけでなく、さむうい!

今日の当地の最高気温は19℃、11月上旬並みでした。

毎年10月の最初の土曜日は

お隣の土浦市で全国花火競技大会が開催されるのですが、

今日は雲が低くて大玉の花火は雲の中に突入して開くものも多く、

だれもちゃんと見ることができませんでした。残念!

私はテレビの中継を見たのですが、現地で見たみなさんは

細かい雨に時折降られ、寒さをこらえての観覧だったでしょうから

さぞ大変だったことと思います。

くれぐれもお風邪など召されませんように・・・

写真は玄関前のブッドレアでお食事中のカマキリさん。

食べられているのはブッドレアの常連チョウ、ミドリヒョウモンです。

もう頭と胸は食べられていて、カマキリが食べられる部分は

翅ごとつかんだ腹部が前脚に残るだけです。

ピンとが合っていませんが、ボンヤリ向こうに見えるカマキリのお腹は

パンパンに膨らんでいますね。

これから卵を産むメスなのですね。

このカマキリはハラビロカマキリという樹上性の種類で、

我が家ではクヌギやカシ類、ハンノキなどの梢にいる事が多く、

ブッドレアの様な低木にはあまり降りてきません。

しかし、何としても卵の栄養をしっかりとつけたい彼女は

チョウが効率よく得られそうなブッドレアまで降りてきました。

この高さはオオカマキリとかち合うため、

オオカマキリよりも体格で劣るハラビロカマキリには

それ相応のリスクがある選択です。

しかし、彼女がミドリヒョウモンを食べ切った後で

無事に高木の樹上に戻る事が出来れば、この賭けは大成功。

私が見た限りでは付近にオオカマキリがいる様子はありませんでしたが、

ここには根元の石組みにアオダイショウの仔が住んでいます。

いつも言いますが・・・ほんと、楽な生き物なんていませんよね。

捕まったミドリヒョウモンは不運でしたが、鱗粉のかすれ具合を見ると

おそらく繁殖の活動は済んでいるのではないかと思われます。

今度はハラビロカマキリが種の命のバトンを繋げるのか、

それとも産卵する前に補食されて生態系の命のバトンが繋がるのか・・・

残酷な様ですが、決して無駄の無い世界です。

 

|

« 今日はツマグロペア | トップページ | 一年で開花! »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/53503938

この記事へのトラックバック一覧です: 降りて食事の「覚悟」:

« 今日はツマグロペア | トップページ | 一年で開花! »