« ぶくぶくもくもく | トップページ | クリアパーツ »

無事枯れました(´-`);

昨日と今日はまずまずの小春日和。

昨日は温室の遮光シートを保温ビニールカバーに換装。

今日は宿根草の植え替え。

どちらも例年に無く遅い作業となってしまいましたが、

本格的な寒さがやって来る前にメドがついて、ひと安心でした。

写真は植え替え前のシプリペディウム(アツモリソウ類)たち。

まだ青々している株もあれば、

完全に地上部が枯れてしまった種類もありますが、

とりあえず秋の到来と関係なく、不健康で枯れた株はありませんでした。

かといって良くできた!というほどの成績でもありませんでしたが、

あの夏の暑さを思い返せば、無事に来年の芽を作って一年の活動を

終える事が出来ただけでも有り難い話かもしれません。

どの株もあの地獄のような酷暑を耐え切って、

本当によく頑張ってくれました。

この手の植物を相手にしていると、 

毎年じわじわと栽培が困難になっているのが、実感できるです(笑)

10年前とか考えてみると、「まだ随分楽だったな〜」という感じ。

だからもうこの仲間は、極力増やさないようにしています。

温暖化って、単純に温かくなるだけじゃないんですよね。

いろんな事が起きちゃいそうです。

先日フィリピンのレイテ島を直撃した台風30号の被害、

本当に凄まじいものでした。

見た目東日本大震災の津波の傷痕とほとんど変わらないですものね。

確かにあちらに向かうと海水温も高いままなので、

条件が揃えばあれだけ発達することもあるのでしょうけど、

日本だって全体的に海水温が高くなって、

魚の漁場なんかも急激に変わっている位ですから、

中心気圧が800台とまで言わなくても、

900とか910hPaで直撃してくる可能性は充分考えられそうです。

その時はきっと60とか70mといった最大瞬間風速を記録するのでしょう。

この間伊豆大島に大変な被害をもたらした

時間雨量120ミリ超の豪雨も、記憶に新しいところです。

これまでにあり得なかった気象が現実になった今、

災害への対応は個人でも地域でも国でも、早急に見直さないと行けませんね。

「どんな事が起きても影響が無い様な対策」というより

「どんな事になっても命だけは守れる」というレベルで考えないと・・・

今年来たよりもずっと大きな台風は、もう来年に来るかもしれません。

 

Cyp131116

|

« ぶくぶくもくもく | トップページ | クリアパーツ »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/53962579

この記事へのトラックバック一覧です: 無事枯れました(´-`); :

« ぶくぶくもくもく | トップページ | クリアパーツ »