« お接待成功! | トップページ | 雨引の里と彫刻2013 »

紅のアンカー

Yamarakkyou00

 

秋は黄色い花が多い・・・とよく言いますよね。

我が家の庭でもオミナエシ、ヤクシソウ、キバナアキギリなど、

秋の黄色がよく目立ちます。

でも、ピンク系も結構いろいろあって、我が家の庭でも

ヤマハギ、サクラタデ、ツリフネソウ、コシオガマなどなど・・・

それらが順に咲き進み、

ツリフネソウがもういくつも蕾を残していない頃になると

今日の写真の花、ヤマラッキョウが小さな花を咲かせます。

一つ一つの花は小さくて大した事ないのですが、

ぼんぼり状になって集団演技的に咲くので、

開花のピークを迎えると案外存在感が出てきます。

でも、その「いい具合のピーク」は長くはないので

うっかりしていると撮影のタイミングを逃してしまいます。

そしてやっぱり今年も・・・(笑)

上の写真はほぼ開花終了の状態。

満開時にくらべちょっと個々の花が寄り気味になって、

子房が充実して太ってきました。花の中心の緑色の部分です。

虫に好まれるこの花は良く受粉し、結実率も良好です。

下は開花のピークを少し過ぎたあたり。やや紅紫色が濃い個体ですね。

我が家の個体ではこれが一番濃色な株ですが、

野山に咲く中にはもっと色が濃い個体も少なくありません。

 

Yamarakkyou01

Yamarakkyou02

少し引いたカットです。

この株の奥にはサルトリイバラが実をつけていて

カラフルなデュエットになっています。

斜めの低い陽光に照らし出されて咲く姿は

いかにも晩秋の風情を感じます。

春のカタクリから始まったピンクのたすきをここまで受け継いだ、

晩秋を駆け抜ける紅のアンカーです。

|

« お接待成功! | トップページ | 雨引の里と彫刻2013 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/53854040

この記事へのトラックバック一覧です: 紅のアンカー:

« お接待成功! | トップページ | 雨引の里と彫刻2013 »