« 越冬バッタ今年も | トップページ | 池の初冬2013 »

館山で貝殻拾い

131123iwahama

 

昨日の事ですが、千葉県は房総半島の先端、

館山市の海岸に、貝殻拾いに行ってきました。

元々出掛ける予定など無かったのですが、息子の部活が急に中止になり

せっかくお天気もいいのでいっちょ行ってみるかと・・・

そんな訳ですので取り立てて早くもなく、午前8時前に出発。

いつもは房総というと東金の方を回ってゆっくり行くのですが、

今回は遅く出た分ちょっと巻いていこうと高速でひとっ走り。

午前10時過ぎに現地に到着しました。高速だと案外近いのね(笑)

館山市周辺は岩浜と小〜中規模の砂浜が交互に連なっている感じです。

上の写真はその岩浜の方です。

よーっく目を凝らすと右端にごくうっすらと富士山が見えます。

青空をバックにトビが気持ち良さそう〜・・・

でも、こういう場所では貝殻はあまり期待できません。

じゃあ何で寄ったのかというと、こういうところは

コウイカの甲羅が拾えるんです。運がいいとまとまって有ります。

カタツムリのカルシウム源だい!(笑)買えばそれなりにしますのでね。

20本(枚?)程拾えました(^_-)-

地元漁師さんの直営とうたっている食堂に寄ったら

トイレにこんな↓ピクトが、

131123toilepict
 

なるほど、おかみさんと漁師さんっていう訳ですね。

ユニバーサルデザインを逆手に取ったご当地アイデンティティ、いいですぞ!

結局お昼を食べた以外はずーっと、親子3人で怪しく腰を屈めながら

ほぼ砂浜をうろついてました。ちょっと首が痛い・・・(笑;)

5カ所程の砂浜でシェルコーミングを遂行し、

最後に寄った沖ノ島公園で日が暮れました。

あっという間の一日。一年で一番日暮れが早い時期ですもんね。

下の写真はすっかりシルエットになった沖ノ島。

それでもまだ結構人影が見えますね。

 

131123okinoshima

 

正直、この時期は端境期で、あまり貝殻拾いには適していません。

これから迎える冬から春にかけての強風の後や、初夏の一時期、秋口の方が

貝の種類も数も多く、運がいいと珍しい一品をゲットできます。

まあ、今回は下見ってことで・・・

でもだいたい様子はわかったから、次は2月か3月かな。

で、下が今回の収穫物。

アクセサリーや小物工芸に使いたくて、小さいヤツを狙いました。

一緒に写っているペットボトルのフタと比べると、

どんだけ小さいのかが分かると思います。

子どもの頃から好きだったホタテ貝系のイタヤガイやナデシコガイも

見逃せませんでした。

みんなのアイドルタカラガイも拾えましたが、

状態は今ひとつのものばかりでした。

写真は私一人の分ですが、これでも40種類以上ありました。

3人分を持ち寄ると、スゴい事になりそうな気がします・・・

これから親子3人で、拾った貝殻の自慢大会です(笑)

 

131123shukaku

|

« 越冬バッタ今年も | トップページ | 池の初冬2013 »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/54051068

この記事へのトラックバック一覧です: 館山で貝殻拾い:

« 越冬バッタ今年も | トップページ | 池の初冬2013 »