« もっとも黄色い個体 | トップページ | HUSTLER登場! »

師走のハラビロ

今日は朝からドンヨリ・・・昨日から雪が降るかもと騒がれていましたが、

午後になって降り出したのは冷たい雨でした。

明日も一日降り続く予報です

ハラビロカマキリの写真は昨日のカット。

12月も後半に差し掛かったこの時期に

ハラビロカマキリを見たのは初めてです。

オオカマキリやコカマキリはしばしば見ますが、

彼等が草むら性であるのに対して、ハラビロカマキリは樹上性。

一段と冷え込みが厳しい環境にいるので、

この時期まで生き残っていたのには驚きです。

でも、さすがにヨレヨレ(笑)

後頭部や歩脚の付け根あたりは寒さのせいか紫色っぽく変色しています。

やっと動いていますが、脚がもつれ気味ですね。

やはりというべきか当然というべきかメスなんですが、

お腹はぺこっと潰れて少し余裕がありそうなので、

産卵はもう済ませ、かつ腹ぺこなのでしょう(笑)

エサの昆虫そのものが、もうほとんどいなくなっているでしょうからね。

こんなカマキリにはチーズをあげると良く食べます。

試しにおなじみの6Pチーズをひとかけら与えてみましたが、

低温で上手く動けず、食べられません。

そこで温室に入れて与えてみたところ、今度は調子良く食べました。

以前にもこの時期に見つけたオオカマキリを温室に入れて

暫く観察した事がありますが、

エサを与え続けても1月から2月には死んでしまいます。

温室内ですから寒さによる死亡ではないはずなので、

おそらく身体的な寿命がそこらへんなのでしょう。

一時間程してから再び温室を覗くと、

あげた量の半分程食べ残したチーズだけがありました。

体の動きが良くなって、温室内を探訪中と思われます(笑)

殺菌剤以外の消毒は行わない温室なので、

我が家の温室は真冬でもガやガガンボがいますが、

この条件で彼女が過ぎ去った季節を取り戻せるのか、

ちょっとした興味を持って再会に期待します。

 

Harabiro1312

|

« もっとも黄色い個体 | トップページ | HUSTLER登場! »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/54302098

この記事へのトラックバック一覧です: 師走のハラビロ:

« もっとも黄色い個体 | トップページ | HUSTLER登場! »