« 全枠決定! | トップページ | 6本伐採! »

葉脈標本みっけ

毎年クヌギのドングリが落ち始めると、

その都度拾い集めるのが忙しいんですが、これが結構面倒で

全体の数としては拾い残してそのままにしちゃってる方が多いかな・・・

どうして拾い集めるのかと言うと、丸くて大きいクヌギのドングリは

通路なんかに落ちていると、脚の裏で転がったりして結構危ないんです(笑)

でも、通路以外だとカケスやネズミのエサにもなるので、

なんとなくそのままにしちゃいます。

そのままにしちゃうといずれ芽を出すので、結果、

庭のそこら中にクヌギの幼苗が生えています。

この幼苗もまたいろいろな生き物を養う事になるのですが、

そこは伐採更新にもめっぽう強いクヌギの事、

ちょっとやそっと食べられちゃった位ではへこたれません。

今日はそんなクヌギの幼苗の中に、

レースみたいな葉を付けた1本を見つけました。

誰が食べたのでしょうね。おそらくガの幼虫・・・

クヌギカレハの若令幼虫あたりではないでしょうか?

チョウの幼虫もガの幼虫も小さいうちは堅い部分が食べられないので

どうしても葉の柔らかい部分だけを食べることになります。

誕生が春なら全部柔らかな新芽や若葉も食べられますが、

夏以降だと堅い葉ばかりということもありますよね。

この葉を食べた虫は、すでに生長して堅くなった葉の中でも

特に堅い葉脈だけを残して葉身部分のみを食べたのでしょう。

こういう食べ方をする虫は少なくありません。

でも、葉全体をきれいに葉脈だけにしているところをみると、

1匹2匹ではないようです。

そこで、集団で生活するクヌギカレハの線が浮かんだ訳です。

太い葉脈だけが軸の様に残された葉の残骸も一緒に見えますが、

これはちょっと成長(進令)してから口をつかたかな?(笑)

クヌギの方も負けておらず、僅かに残った葉身がまだ緑色をしています。

トップの葉の付け根には、小さいながらも冬芽も見えますね。

それにしてもきれいに食べたもんです。

栞にしてとって置きたい位です(笑)

 

Kunugi_youmyaku

|

« 全枠決定! | トップページ | 6本伐採! »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/54238082

この記事へのトラックバック一覧です: 葉脈標本みっけ:

« 全枠決定! | トップページ | 6本伐採! »