« 大雪! | トップページ | 早くもムズムズ »

大雪の痕

G_table

 

一昨日の大雪から2日経っていますが、まだまだ白い!(笑)

我が家は道路から奥まっていますから、

とにかくライフラインだけは復旧しようと、昨日は雪かきに追われました。

どうにか外との出入りは可能になり、

クルマの雪もきれいに落としたところでエネルギー切れ!

とても庭の方にまでは手が回りませんでした。

上は大雪から一夜明けた昨日の朝のカット。

リビングの外にあるガーデンテーブルなんですが、

雪がてんこ盛りで、もう何だか分かりませんね。

ここに積もった雪は35センチでした。

ちなみに玄関を出たところで測ったら39センチ、ほぼ40センチですよ!

こんなにまとまった雪は私がこの家に住み始めてから・・・

つまりここ10年間では初めての事です。

下は前回のブログでも書いた風雪で折れてしまった木、

向かって左のマテバシイと、右のスダジイが

幹からバッキリといきました。

まあ、ちょうどいい強剪定ですけどね(笑;)

やはり冬でも葉っぱがが付いているというのは相当な抵抗になるようですが、

他のカシ類、つまりアラカシ、アカガシ、シラカシ、ウラジロガシは

全く平気でした。この4種類はもともと当地でも自生が見られる種類なので、

この程度の雪には耐性があるのでしょうか?

スダジイもありますが、自生よりも植えられたものが多く、

牛久ではあまり実をつけるほど旺盛なスダジイは見られません。

 

Oreta_siirui

 

この2種以外だと、クスノキが倒伏してしまいました。

やっぱり暖温帯の木ですから、ダメージが大きかったのかもしれません。

落葉樹はへっちゃらでしたが、唯一の例外は下の写真のハンノキ。

これ、中央の低木にとまっていたジョウビタキを撮影しようとして

逃げられてしまったカットなのですが、

画面の左の方から倒れ込んでいる木がハンノキです。

株立ちだったのですが、そのうちの2番目に大きな幹を

暮れに伐採しましたので、おそらくバランスが悪くなって、

小さな幹が今回の風雪に耐えられなかったのでしょう。

 

Oreta_hannoki

 

確かに今回の大雪は10年目にしてはじめての規模でしたが、

「南岸低気圧」は、年々強く発達する傾向を感じます。

今回のような大雪はまだ春までの間にやって来るかもしれませんね。

この分だと今年もまた、初夏まで低温傾向で、

いきなりものすごい猛暑がくるのでしょうか?

今から暑さへの覚悟をしておいた方がいいのでしょうかね(笑)

|

« 大雪! | トップページ | 早くもムズムズ »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/54944776

この記事へのトラックバック一覧です: 大雪の痕:

« 大雪! | トップページ | 早くもムズムズ »