« 春の兆し -フクジュソウ- | トップページ | 春の兆し -オトコヨウゾメ- »

ニアミスだっ!

Yurikamome140222

 

今日は土浦市環境保全課が主催する「霞ケ浦湖上セミナー」の講師でした。

午前中霞ケ浦に船で出て参加者全員で湖水の調査をし、

午後は大きな水車で知られる「小町の里」から

朝日峠までトレッキング自然観察会の予定でしたが、

山間はまだ積雪が多いため午後のプログラムは残念ながら中止です。

冬の湖上セミナーでは、乗船するラクスマリーナの「ホワイトアイリス号」

に集まって来るユリカモメの群れが楽しみです。

船でカモメのえさを販売しているので、野生の渡り鳥ながら

ここのユリカモメは完全に餌付けされちゃっているのでした(笑)

夏場はヘルメットをかぶったような

白黒ツートンの頭をしているユリカモメですが、

冬羽では耳のようなグレーの斑点がある以外はまっしろな頭になります。

そこにまんまるな目と真っ赤な觜がきれいに映えるキュートな顔立ちです。

今日も参加者のみなさんがエサを投げ始めると

勢いよく集まってきました。

エサは小さなパンくずですが、カモメはとても目がいいので

うまく間合いを取って上手にキャッチします。が、

今日は目の前で2羽のカモメが一つのエサに同時に飛びつき、

あわやのニアミス!えさは交差する2羽の觜にはじかれ

すぐうしろについていた3羽目がゲットしました。

漁夫の利ってやつですね(笑)

その瞬間をカメラのファインダーに納める事が出来たので、

前後のカットと合わせて帰宅後にじっくり見てみると、

ボディーコンタクト状態でも、足や尾羽を巧みに動かして

翼の接触を極力極力避けている様子が見て取れました。

まあ当たり前なんでしょうけど、巧みなものですよね。

来月にも、もう一度湖上セミナーの予定が入っているので、

またこの白い恋人たちに会えそうです。

 

|

« 春の兆し -フクジュソウ- | トップページ | 春の兆し -オトコヨウゾメ- »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/55100296

この記事へのトラックバック一覧です: ニアミスだっ!:

« 春の兆し -フクジュソウ- | トップページ | 春の兆し -オトコヨウゾメ- »