« バイバイカモメさん | トップページ | やっとフクジュソウ »

朝日峠にて

先日紹介した湖上セミナーでは、船を降りたあとの

午後のプログラムもありました。

山麓部へバスで移動して、小町の里から朝日峠に登る

自然観察ハイキングです。

とはいえこの季節ですし、例年よりもずっと春の歩みが遅い今年のこと、

小町の里周辺でこそ小さな花が咲き、生き物たちの活動も見られたものの

山中ではまだまだ冬景色です。

やっと登って到着した朝日峠では、お天気に恵まれたこともあり

霞ケ浦を遠望しながら、

午前中に船で移動した経路を目で辿る事が出来ました。

この朝日遠げではパラグライダーのテイクオフを間近に見ることができます。

無線で入念に風などの状況をチェックしながら、

カラフルなパラグライダーがダイナミックに舞い上がって行きます。

気持ち良さそうですよね。

・・・まあ、私は自分でやってみたいとまでは思いませんが(笑)

この場所では地形的に常に上昇気流が得られるため、

極端に視界が悪かったり荒天でない限り、いつでも離陸できるそうです。

ただ、風向きの異なる層が重なっているので、離陸直後の横風や

大きく流されるような強風には神経を使うのだとか・・・

あっという間に2000メートル前後に達することもあるし、

数時間程度は上がったままの事もあると聞いてビックリでした。

今まで一番長かったのは5時間あまりの滞空時間で、

ここから郡山の方まで行った人もいるそうです(汗;)

個人的にはこれで空撮請け負いの仕事なんかできないものかと、

うちそろばんの方に考えが行ってしまいました(笑)

 

Pala_g

|

« バイバイカモメさん | トップページ | やっとフクジュソウ »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/55472971

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日峠にて:

« バイバイカモメさん | トップページ | やっとフクジュソウ »