« Miyuki開花 | トップページ | バイバイカモメさん »

ムツトゲアラゲナメクジ

Gomadara1403

 

いやいやいや・・・ナメクジじゃありません。昆虫です(笑)

でもこの姿を見て、ホントにナメクジの仲間だと思っちゃう人も

少なからずいるみたいですね。

これはタテハチョウ科の一種、ゴマダラチョウの越冬幼虫です。

くっ付いているのはこの蝶の食樹でもある、エノキの枯れ葉です。

成虫は夏にあらわれるチョウ。決して花に来ることはなく、

クヌギやコナラの樹液にやって来るチョウです。

そして夏の間に産卵し、やがて孵化した幼虫はエノキの葉を食べて成長し、

秋にエノキの葉が黄色くなる頃には、2センチ近くにまで成長します。

するとそれまで緑色だった体色は枯れ葉そっくりの色に変わり、

食樹の落葉とともに幹を伝って地面に降り、

積み重なって安定した枯れ葉を選んで貼り付き、越冬します。

昆虫が姿を消す冬の間、エノキの根元で枯れ葉をめくって

ゴマダラチョウの越冬幼虫をさがすのは、子供の頃の定番の遊びでした。

越冬中は温度の変化を嫌うので案外南側では見つからず、

北側の落ち葉に付いています。

ほとんどはエノキの落ち葉にいますが、

条件が良ければ他の樹種の枯れ葉にくっ付いていることもあります。

これは先日観察会を行った陸平貝塚公園のカットですが、

我が家のエノキの落ち葉にも少数ながら越冬が見られます。

ゴマダラチョウに近縁の種類に、日本の国蝶オオムラサキがいます。

エノキが食樹である点も成虫がクヌギやコナラの樹液に来る点も

ゴマダラチョウと共通ですが、幼虫が根元の落ち葉で越冬する点や、

その幼虫の姿も大変よく似ています。

越冬幼虫の区別点としては、全体にゴマダラチョウの幼虫のように

ふっくらしたプロポーションではなく、割と直線的な点と、

2つセットで並ぶ背中の突起が3対ではなく4対な点。

オオムラサキの方はヤツトゲアラゲナメクジという訳ですね(笑)

私が住む牛久市ではゴマダラチョウしか見られませんが、

上の写真を撮った美浦村の陸平貝塚周辺では

過去にオオムラサキを見たという人がいます。

霞ケ浦をはさんだ対岸のかすみがうら市には

たくさんのオオムラサキが生息していますし、

以前湖上に船で出ている際に

湖上を飛んで横断するオオムラサキをこの目で見た事がありますから、

美浦村にいてもそれほど不思議ではありません。

今年の夏は美浦村に舞う、ゴマダラチョウとオオムラサキを

さがしに行ってみたいと思いました。

|

« Miyuki開花 | トップページ | バイバイカモメさん »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

先日、遠山田んぼでオオムラサキを見かけました。
遠山あたりでは初めて見ましたが、やはりどこかから飛んできたのもなのでしょうか?
「牛久」「オオムラサキ」で検索したら当サイトにいきあたりましたのでもし情報があればお知らせ頂ければ幸いです。

投稿: bittch | 2014年6月16日 (月) 15時37分

bittchさんこんばんは、そしてはじめまして!
私自身は未確認なのですが、遠山でのオオムラサキは4〜5年前に
知人の目撃例があります。
その年は近隣でのオオムラサキの目撃が数例あって、
私はお隣の阿見町(かなり牛久寄り)のとある公園で何度も見ました。

オオムラサキは飛翔力が強い大型のタテハチョウですので、数キロ程度は
移動すると思うのですが、牛久で定着している様子は市域の他の場所も含め、
今のところ確認していません。
ひょっとすると放蝶個体かもしれませんね。

もう1種類、早ければそろそろ牛久でも出るんじゃないかと思っている
近縁種が外来種のアカボシゴマダラです。
bittchさんはまだ見ておられませんでしょうか?
一昨年、利根川のすぐ向こうの手賀沼の畔で見ているので、
そろそろ現れても不思議ではありません。

投稿: ぐりお | 2014年6月17日 (火) 00時27分

お返事ありがとうございます。

アカボシゴマダラは見たことはありません。最近は「アカシジミ」「ミドリシジミ」「ウラゴマダラシジミ」セセリチョウ数種ぐらいです。
蝶の写真は結構撮しに行くのですが、見かけない蝶を見たらまた連絡させていただきます。

投稿: bittch | 2014年6月17日 (火) 16時34分

bittchさん、書き込み有り難うございます。
アカボシゴマダラはまだでしたか。でも、県西部では昨年あたりから
あちこちで発生しているようなので、いずれくる可能性が高いと思います。
注視してみてください。
うちは遠山から自転車で10分足らずの場所なので、
私も近隣でのオオムラサキに注意してみます。

この時期遠山では、ウラナミアカシジミとミズイロオナガシジミも
見られますよ。オオミドリシジミもまれに出くわしますが、
これは他のゼフィルスと違い、午前中に動くので、
観察時間帯を変えないと見つけにくいですね。
またご連絡いただけるのを楽しみにしています。
いつでも気軽に遊びにきて下さいね。

投稿: ぐりお | 2014年6月17日 (火) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/55451968

この記事へのトラックバック一覧です: ムツトゲアラゲナメクジ:

« Miyuki開花 | トップページ | バイバイカモメさん »