« 池の寒春2014 | トップページ | 銀猫たちそろい踏み »

狩猟本能ゆえ・・・

Tsukamaeta

Hakidashita
 

昨日も今日も小雨模様の底冷えに気分も滅入りがち・・・

それでも昨日は午前中、時折雨足が強まる中で自然観察会でした。

霞ケ浦湖岸域の大きな貝塚、陸平貝塚公園での観察会です。

晴れていれば花も鳥もいよいよ見られた筈ですが、

寒くて暗い中、残念ながら限られた観察しかできませんでした。

それでも楽しく参加して下さった皆様には感謝感謝です。

さて、画像は先週の池カワセミのカットです。

この日のカワセミ君、お腹がよほど空いているのか

めちゃめちゃ積極的に池に飛び込み、狩猟本能全開でした。

最初の数回失敗した後、大きな獲物をくわえて枝に戻って来たので

さて一体何を捕らえたのかとよく見てみると、

どうも見慣れない物体。その獲物が体をくねらせた拍子に赤い腹部が見え、

池のニホンイモリを捕まえたのだと分かりました。

イモリの赤いお腹は警戒色!・・・そう、イモリは体内に毒を持っています。

果たしてこんなものを食べるのだろうかと見続けていると、

すぐに「うげっ、気持悪いもん捕まえちゃった!」とばかりに落としました。

イモリにしてみれば迷惑な話ですが、幸い池の畔に落下したため

イモリは自力で池の中に帰って行きました。

カワセミビジョン的には最初は黒い背中側しか見えないので、

魚と誤認してしまうのでしょうね。

池の中で動いていると、咄嗟に「見つけたっ!」と

飛び込んでしまうのでしょう。

この日は他にも2匹のイモリを捕まえては落としました。

フィールドでの観察でも、

カワセミが魚以外のものを捕まえたのを見た事があります。

アメリカザリガニ、ギンヤンマのヤゴ、觜にとまったアカトンボなど・・・

ザリガニは魚が少ないとそこそこ狩猟対象になるようで、

食べたのも見た事がありますが、落としたのも見た事があります。

ギンヤンマのヤゴは食べませんでした。

アカトンボも咄嗟にぱくっとやったものの、結局食べませんでした。

鳥はとても目がいい生き物といわれます。

だからおそらく見分けは付いているのでしょうが、

つい狩猟本能が勝って捕まえてしまうのでしょうか。

この日カワセミは池のモツゴ2匹を捕まえて食べたのですが、

可哀想なのは2回目に捕まったイモリ。

獲物を失神させて動かなくするために行なう「枝への叩き付け」を

やられたので、結果的にその後落とされたものの死んでしまいました。

自然界では食べる目的以外に他の生命を奪う行動はかなり例外的ですが、

これもそんな例外的な事故と言えるのかもしれません。

|

« 池の寒春2014 | トップページ | 銀猫たちそろい踏み »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

ぐりお先生、こんにちは。

自然観察会ではお世話になりました。
ありがとうございました。

確かに、早春というよりは真冬のような日でしたが、
私好み(笑)のお話をしてくださり、とても良かったです。

今、目の前にあるものを見るだけでなく、過去の暖かい時代の
環境を想像したり、春になったときのお花畑を予想したりと
時間軸を自由に移動される先生は、魔法使いのようでした。

先日教えて頂いた野鳥のエサ台ですが、
細工することなしに解決しました。

今年の寒さのせいなのか売れ行き好調で、水が溜まる間もなく、
お皿が空になります。見ていて気持ちいいです。

お勧めのお店、行ってみました。
神社の近くはお休みだったので、公園近くに行きました。
なかなか素敵な空間でした。

先生に教わったと申し上げたところ、よろしくお伝えくださいと
おっしゃっていました。
他のメニューも美味しそうだったので、先生がおいでになる際には
是非、お誘いくださいませ。

投稿: マリ | 2014年3月 3日 (月) 23時40分

マリさん、先日は寒い中有り難うございました。
生憎の日和でしたが
少しはお楽しみいただけたようでよかったです。

縄文海進期の景色、想像しただけでワクワクします。
外洋の様に大きく荒れる事も無い内海で、小島の間を縫うように
小舟で出て望む筑波山は、どのようなものだったでしょうね。

エサ台、繁盛してるみたいですね。
寒いとカロリーを余計に消費するのは人も鳥も同じ事ですし、
雪で餌がとれない日も多かったはずですから、
鳥たちはマリさんのエサ台にだいぶ救われた事でしょう。

では、今度はお店でご一緒するのを楽しみにいたしましょう。
春の楽しみが増えました(笑)

投稿: ぐりお | 2014年3月 4日 (火) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/55207707

この記事へのトラックバック一覧です: 狩猟本能ゆえ・・・:

« 池の寒春2014 | トップページ | 銀猫たちそろい踏み »