« 紅梅白梅 | トップページ | 女神降臨in那珂川町 »

クリスタータ満開

今年は春の花が調子良く咲いたものとダメだったものが極端です。

写真の原種アイリス、イリス・クリスタータ(Iris reticulata)は、

非常に良く咲いてくれました。

ここ数年は前年の1.5倍ほどに殖えているので、

そろそろ葉が無くなったタイミングで掘り上げて

株分けした方がいいかも知れません。

球根系の野草は、これに限らず概ねうまく咲いてくれています。

ダメだったのが分岐型の根茎を持つアネモネ類とカタクリ。

多分昨年の夏の暑さと少雨が祟ったのだと思います。

カタクリは今年も咲いてくれましたが、たった2輪だけでした。

キクザキイチゲもようやくちらほら程度です。

ニリンソウはまだ最初の葉を拡げた段階ですが、

数の減少は一目見て明らか・・・

こういう湿り気が肝心の種類は、

庭の一角にとにかく乾きにくい半日陰の場所を設けて

そこに集中的に移植栽培するしかないかもしれませんね。

庭の環境もここ数年の極端な天候の影響を

色濃く受けるようになったという事かもしれません。

 

Iris_reticulata2014

|

« 紅梅白梅 | トップページ | 女神降臨in那珂川町 »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/55592070

この記事へのトラックバック一覧です: クリスタータ満開:

« 紅梅白梅 | トップページ | 女神降臨in那珂川町 »