« 今年も撮り逃し | トップページ | となり桜 »

銀メッキなクモさん

毎年春になると庭のあちこちで目につく

腹部がアルミシルバーの小さなクモ。ギンメッキゴミグモっていいます。

ただし腹部のギンメッキの状態には個体変異があって、

黒地がメインで銀色はちょっとしかない個体もいます。

写真の個体はかなりフルにメッキ入ってます(笑)

体長6〜7ミリの小さなクモなのですが、

アミの中心で光る銀色はよく目立ちます。

こんなに目立っちゃっていいものなのでしょうかね。

ゴミグモの仲間はエサの食べかすやゴミをアミの中央部分に

タテ一直線の帯状に並べてその中に体をまぎれ混ませますが、

本種もささやかなゴミの帯を作ります。

でも、普通のゴミグモみたいに、

その中に紛れ込んでいる訳ではなく、

わりと見つけやすいポジションに陣取っている・・・というか、

自分がいるアミの中心部にはゴミの帯を掛けません。

一体どういうコンセプトなのかよく分かんないクモです(笑)

もひとつ分かんないのが、丸アミを張るクモって

大抵中央に下向きに構えていますが、ゴミグモの仲間って

ほぼ完全に上向きにいます。これがどうしてなのか分からない・・・・・

もっとも、ほかの多くのクモが下向きにとまるのも、

理由には諸説あるけれどよく分かっていないみたいですね。

やっぱりクモって不思議な生き物です。

 

Ginmekki

|

« 今年も撮り逃し | トップページ | となり桜 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/55780984

この記事へのトラックバック一覧です: 銀メッキなクモさん:

« 今年も撮り逃し | トップページ | となり桜 »