« 今年は3輪きり | トップページ | 今年も撮り逃し »

春の遠山田んぼ

Touyama

 

今日は空気が冷たかったですが、

昨日の雨のお陰で空気がとっても澄んでいました。

ずいぶん久し振りに近くの谷津田に出掛けてみました。

我が家の近くには、とってもすてきな谷津田があります。

人呼んで「遠山田んぼ」。

遠山田んぼには2つのアプローチがあって、

一つの入口は車でも10分ちょっと掛かるのですが、

もう一つの入口は我が家から自転車で7〜8分。

歩いても15分掛からない程度です。

上がその谷津田「遠山田んぼ」、いいとこでしょう。

たまに行くと必ず、

「こんなにいい場所が近所にあるのに、なんでたまにしか来ないのだろう」

と思ってしまいます。

近過ぎるとついついいつでも行けると思っちゃうんですよね〜。

それともう一つ、それは30年前の遠山田んぼを知っているから・・・かな。

さすがに、30年の歳月によって失われたものも少なくありません。

じつは、はじめて遠山田んぼを訪れた頃には、

ニホンイモリ、ニリンソウ、そしてタガメとの出会いもありました。

これらは、正式な記録もないまま、今日では姿を消してしまいました。

でも、風景として見る谷津田の素晴らしさは、今でも充分にたたえています。

 

Yamazakura140405

 

斜面林を彩る大きなヤマザクラ。遠山田んぼのあちこちで見られます。

今年は遅れて咲いたコブシとのデュエットも随所で見られました。

今日のところはまだ開花していませんでしたが、

我が家で特に気に入っている大きなヤマザクラがあります。

愛称「遠山桜」。どこかで聞いたような名前ですね(笑)

この「遠山桜」は満開の頃に近くに寄ると、

桜餅の良い匂いがします。他の木よりもクマリンが強いみたい・・・

あと数日で、今年も良い匂いを楽しめそうな感じでした。

風が冷たくて昆虫たちの動きはほとんど目にする事が出来ませんでしたが、

唯一、ミヤマセセリが元気に飛び回っていました。

下の写真はヒメオドリコソウの花で吸蜜しているところです。

私、ミヤマセセリは毎年何個体も見ていますが、

花で吸蜜するところは今日初めて見ました(笑)

周囲からはもうたくさんのカエルの声が響いています。

ほとんどはシュレーゲルアオガエル。

ニホンアマガエルの声もちょっと混じっています。

昔はアカガエルもいて、最初に産卵するカエルだったのですが、

ここしばらくアカガエルは確認できていません。

今のところ遠山田んぼで最初に繁殖するカエルはシュレーゲルです。

でも、これから昆虫も賑やかになって来て、

時期になるとゼフィルスやヘイケボタルも多く見られるところです。

今までちょっと放って置き過ぎたので、

今年はもう少し頻繁にここへ足を運んで、

今の遠山の自然を見つめ直したいと思っています。

 

Miyamaseseri140405

|

« 今年は3輪きり | トップページ | 今年も撮り逃し »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/55673443

この記事へのトラックバック一覧です: 春の遠山田んぼ:

« 今年は3輪きり | トップページ | 今年も撮り逃し »