« となり桜 | トップページ | 353輪!! »

コミュニティの問題

Nagaikekouen01

 

先日、業務提携NPOであるつくば環境フォーラムさんの

視察研修に参加させてもらいました。

その視察訪問先のひとつが八王子市の長池公園。

ここの管理委託を請け負っているNPO、フュージョン長池さんに

里山公園の運営のあり方に関する貴重なお話を伺う事が出来ました。

いろいろな実例をあげて、公園を支える仕組みづくりの

もっとも大切な点を教えていただき、まさに目からウロコの思いでした。

ここで具体的な事はつらつら書きませんが、

とにかくあらためて気が付いたのは、

里山を残すとか保全するとかっていうのは、コミュニティの問題だという事。

その地域に住む全ての人たちに機能するものでなければ

本当の意味で持続的な里山保全などできないということです。

自然が大好きだとか、山仕事をしたいとか、生き物が好きだとか、

そんな人たちばかりが集まってNPOなんぞ作っても

本当の住民理解など得られないという事・・・まあ、その通りなんですが、

けっこう見失いがちな点です。

長池公園には、長池公園の流儀を感じました。

さて、上の写真は長池公園の目玉ともいえる修景ポイント、

築池(つくいけ)と姿池(すがたいけ)間から姿池方向を臨んだカット。

ここはどこでしょ!って感じですよね。

姿池の運河っぽいつくりと橋のデザインを見るとなんだか異国情緒ですが、

奥の集合住宅がセットになるとアーバンな雰囲気です。

下は同じエリアから姿池とは反対側にある築池を臨んだカット。

同じ場所とは思えないくらいに里山の原風景が広がっています。

これ、ほんとに同じ場所から見える風景なんですよ。

都市のコミュニティ機能を受け入れるところは受け入れ、

昔ながらの里山の残すべきところはしっかり残す・・・見事です。

 
Nagaikekouen02
 
Nagaikekouen03

これは築池方向に公園内を5分ほど歩いたあたりの風景。

完璧な谷津田です。これも公園内の風景。

水路にはカワニナがたくさんいました。

アカガエルのオタマジャクシもいっぱい泳いでいたし、

カタクリもイチリンソウもありました。

多摩ニュータウンの一角にある里山公園は、じつに懐が大きい場所でした。

|

« となり桜 | トップページ | 353輪!! »

意見がある人〜ハイ、ぐりお君」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/55845894

この記事へのトラックバック一覧です: コミュニティの問題:

« となり桜 | トップページ | 353輪!! »