« 祝・初花 | トップページ | ゼニタナゴ浮上2014 »

総ラメのステージスター

カンボクの花も満開を過ぎようとしていますが、

そもそも咲き始めるのが早すぎるのか、後に行く程気温も急上昇し、

花を訪れる甲虫の数も増えてきます。

先日「少ない」と記事に書いたコアオハナムグリはやっぱり少ないですが、

それでも当初よりは個体数が徐々に増え、

例の記事を書いた5月19日頃と比べると、3〜4倍の個体数を見かけます。

ハナムグリの仲間やカツオブシムシなどの常連以外にも

ハナカミキリやハナノミの仲間を見かける事もありますが、

今日は全身がキラキラ光るミドリカミキリが現れました。

庭では以前にも2回程見ていますが、毎年決まって見る昆虫ではないので、

見つけるとやはり心が躍ります。

ガマズミやカンボクの花は飛ぶのが不得手な甲虫に対するサービスなのか、

離発着がしやすいステージ状の花序になっています。

ミドリカミキリはそこに颯爽と舞い降り、

スマートな体と長い脚を見せつけるようにお気に入りの花をさがして

ステージ上を歩き回っています。

ちょこちょことよく動く上に、白い花に負けないように

カメラの露出をオーバー気味に設定してあるので、

撮影は結構大変でした(笑)。

なんとかぶれていないカットをモノにできましたが、

やはりこの虫本来の美しさは写せませんでした。

ミドリカミキリは、全身メタリックの装飾が施されていて、

胴体は名前の通りのきらびやかなメタリックグリーンなのですが、

6本の脚と長い触覚はメタリックな藍色で、これがまたカッコいいんです。

でも、この写真だとよくわかんないですね。

ご覧下さっている皆様とミドリカミキリさん、ゴメンナサイです。

今度はもうちょっと風のない日にお会いしましょうね(笑)

 

Midorikamikiri1405

|

« 祝・初花 | トップページ | ゼニタナゴ浮上2014 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/56319430

この記事へのトラックバック一覧です: 総ラメのステージスター:

« 祝・初花 | トップページ | ゼニタナゴ浮上2014 »