« 池の新緑2014 | トップページ | 万歳さん »

県南部で発見!

Namigen_kennan

 

月末ですね。

早いなあ・・・もうちょっとで今年も半分終わりかあ〜(笑)

と、また何もできずに半分消化してしまう焦燥感を隠しきれないぐりおです。

さて、月末なので本当は庭の写真で記事を書く予定だったのですが、

急遽変更。じつは先日仕事で出掛けた県南部の山沿いの休耕地で、

写真の昆虫を発見したのでその報告です。

この昆虫、もうお分かりの方も多い事と思いますが、

日本最大のゲンゴロウ、いわゆるナミゲン(標準和名ゲンゴロウ)です。

体長は4センチ近くに及ぶ種類なので、

水の中とはいえ動いていればかなり目立つ昆虫です。

ナミゲンは生息環境の悪化・消滅などから、全国的に激減している昆虫で、

それでも北海道や東北地方にはまだそこそこの生息地が残っていますが、

関東地方では見ることがとても難しくなってしまいました。

この昆虫、県南部にはいないのではないかと言われていました。

私がこれまでに見た茨城県内の南限は

笠間市をちょっと石岡市側に入ったあたりでした。

このあたりでは複数採集しているので生息の可能性が高いと思っています。

まあ一応石岡市も県南ではあるのですが、さすがに筑波山塊の南側は

難しいだろうなと思っていたところへ今回の発見。

そらもうたまげました!

上に休耕地と書きましたが、

正確には休耕地と耕作地の間を流れる水路が

合流部で、ちょっとした池のようにふくらんだ

水深25センチほどの水域でした。

発見したときは死んだ大きなドジョウに齧りついていたのですが、

その画像は浮かばれない表情のドジョウさんがちょっとナンなので、

呼吸をしに一瞬水面にお尻を出した画像をアップしますね(笑)

撮影時にこちらの存在に気付いたのか、直後、

大慌てで植物のしげみに潜り込んで姿を隠してしまいました。

ちなみに、ドジョウはゲンゴロウが見つけた時には

おそらくもう死んでいたのでしょう。

全身真っ白になって数カ所に円形の皮膚の破れ目がありましたから、

ミズカマキリやタイコウチ等水生カメムシ類に補食されたものと思われます。

でも、ドジョウも15センチ以上ある大物だったので・・・え?

タガメ!?ひょっとして、ここにはタガメもいる??!!

まあ、タガメの方はいてもさほど驚きませんけどね。

実際筑波山の南側でも何度も見てますし。

でも、ナミゲンはビックリです。

もちろんこんな時代ですから、放虫の可能性も否定できません。

個人的には野生の個体がひっそり生きていてくれると嬉しいのですが・・・

|

« 池の新緑2014 | トップページ | 万歳さん »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは。お久しぶりです。
 今日のゲンゴロウ発見記事、ほんとに心躍りますね!
興奮って、まさにこういう状況ですよね。
ぐりおさんのドキドキ感が我が事のように伝わってきました。
これからも体調気を付けて、いろんな発見を教えてくださいませ。
 ちなみに・・・今迄その存在をみとめなかった道路縁のあちこちに
オオキンケイギクの群落を先日見つけ、
ぐりおさんとは真逆方向でどきどきしちゃったくわでんでした。

投稿: くわでん | 2014年6月 2日 (月) 21時38分

県南で見つかるとは衝撃的ですね!個人的に大ニュースです。
県南だとガムシですら「おおっ!」ってなりますからね。
しかも、この大スクープを余裕で撮影とは恐れ入りました。さすがぐりおさんです。

p.s.体長が…^^;

投稿: yana | 2014年6月 3日 (火) 00時32分

くわでんさんこんばんは!
いやもう、興奮しましたですよっ!
たぶん「フンッ、フンッ」って、鼻息荒かったと思います(笑)
でも、今考えるとなんか特別な予感みたいなのもあったんですよー。
そういうのってありません?私、子供の頃は結構ありましたよ。
本来いそうもない平地の雑木林なのに、
「なんか今日はミヤマクワガタがいそうな気がする」
なんて思って出掛けると、ホントにいたりとか・・・
そこまで具体的なイメージではなかったのですが、
なんかモヤモヤと気になって水辺をのぞいたんです。
でも驚きました。自然生息だといいのですけどね。

オオキンケイギクは、公が率先して法面植栽したりした
ちょっと変わった歴史のある外来種ですね。でもなんで広がるんでしょう。
そこそこ大きい種子だし、まして綿毛が付いてる訳でもないんですけどね。
やっぱり建設工事の客土とか栽培目的とかの人為散布なんでしょうか。
うちの近所でもこの時期ここそこで見かけます。

投稿: ぐりお | 2014年6月 3日 (火) 01時15分

yanaさんこんばんは!
ビックリでしょう!!
私も目の当たりにしながらしばし信じられませんでした。
タガメならまだどうにか可能性もあろうかと思うのですが、
いきなりナミゲンがいたもんですから、そらもう・・・
相当大声で独り言を言っていたと思います。
端から見たら怪しい事この上無し(爆)

撮影は必死でしたよ(笑)
そもそもオゼイトトンボが撮りたいなと思ってカメラを持っていたのです。
これ以外に、ドジョウに食らいついているのが2カットありますが、
それが精一杯でした。頭の中ではスロー再生できますが、
多分時間にして10〜15秒の出来事だったと思います。

>p.s.体長が…^^;

アッハッハッハッハッ・・・・これならひょっとすると背中に乗って
竜宮城にいけそうですね。すみません直しときました。失礼!


投稿: ぐりお | 2014年6月 3日 (火) 01時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/56373847

この記事へのトラックバック一覧です: 県南部で発見!:

« 池の新緑2014 | トップページ | 万歳さん »