« 和の意匠なり | トップページ | 総ラメのステージスター »

祝・初花

4月から続いているアツモリソウの開花リレー、

現在は中国の緑花アツモリソウ(=Cypripedium henryi)が終わり、

いつもなら北米産のケンタッキーエンセ(=Cypripedium kentackyense)

にバトンが渡るところですが、

今年は間にもう1種挟まりました。

2枚葉の小さな苗から4年がかりで育った

レギナエ(=Cypripedium reginae)がやっとやっと初花を迎えたのです。

やたーっ、嬉しいぞ〜!!!!!

このレギナエはリップが濃紅色を通り越して赤く見えるという、

その名も`Red'なる選抜個体のセルフ(自家受粉)苗ということで

購入したのですが、やっと咲いたその花は、

残念ながらいたって普通のレギナエでした。

でもまあ、元々レギナエの白+ピンクの花が好きだし、

リップのピンクはしっかりのっている方だと思うので、気にしません(笑)

やっと咲いた初花だけあって、レギナエにしては少々小振りです。

花径は55ミリほど。

今年はひとしきり花を観賞したら早めに摘花して、

夏に向けてしっかりした体作りに努めます。

無事に夏を越せれば、一層大きな芽ができる筈、頑張らないと!

 

Reginae140523

|

« 和の意匠なり | トップページ | 総ラメのステージスター »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/56319414

この記事へのトラックバック一覧です: 祝・初花:

« 和の意匠なり | トップページ | 総ラメのステージスター »